彼が自分のことを友達に紹介してくれたら、とっても嬉しいですよね。
男性が彼女を紹介するのは、それだけ彼女が魅力的であることの証です。
やっぱり彼といつまでもラブラブでいるためには、彼が周りに紹介したくなる最強彼女になることが重要です。

今回は、そんな最強彼女になる方法をご紹介していきます。

(1)見た目の清潔感を磨く

『清潔感があるだけで、女の子ってだいぶ違うと思う』(32歳/スタイリスト)

女性として見た目の印象はやはり見過ごせないポイントです。
見た目がすべてではありませんが、可愛い彼女はやっぱり彼も分かりやすく周りに自慢したくなるでしょう。
何しろ、男性にとって可愛い彼女と付き合うことは理想中の理想。

ですが見た目に自信なんてない……という女性も多いかもしれません。
そんなとき重視しておきたいのは、見た目の雰囲気から感じる清潔感や透明感

清楚な雰囲気あふれる女性は、なんとなくイメージ的に可愛い・美人といった印象を持たれやすくなります。
清楚な振る舞いや、清潔感あふれるファッションやメイクなどはしっかりマスターしていきましょう。

(2)周りに自慢できる趣味や特技を持つ

『珍しい仕事に就いてる女性も、そこらへんの子と違う気がするな』(30歳/会社経営)

内面の魅力を磨くことも大事なことです。
女性としての気遣いや優しさなど、性格的な部分は基本として磨いていきたいところ。
ですが優しくて気遣いのできる彼女、というだけでは最強彼女になれないことも。

彼が自慢したくなるような最強彼女は、他の女性にはないような長所がある場合が多いです。
料理上手だったり、仕事ができたり、英語が喋れたりなど……。
なかなかすぐに身に付くことではありませんが、より自分の魅力を上げるためには自慢できる趣味・特技を持っておくことは大事です。

(3)誰に対しても愛想が良い

『いつでもにこやかな子は、親に紹介するとき心配ないんだろうね』(27歳/公務員)

優しく気遣いができても、それが彼氏に対してだけでは意味がありません。
誰に対しても等しく優しくできる女性、そんな女性を彼女に持てば、彼も周りに紹介したくなるでしょう。
「愛想の良い彼女だから、きっと友達ともすぐに打ち解けてくれるはず」と彼は思うはず。

自分だって愛想が良くて面白い友達がいれば、別の友達に紹介して輪を広げたくなりますよね。
その心理と同じ。
思わず人に紹介したくなるような、そんな優れた人柄の持ち主を目指しましょう。

(4)神対応エピソードを持つ

『そんなに可愛くなくても、器が大きい、イイ子だったら周りに堂々と自慢できる』(28歳/商社)

彼に対する神対応エピソードを持つこともとても大切です。
例えば彼が仕事で疲れて帰ってきて、つい彼女につらく当たってしまった時。
そんな時でも優しく受け止めることができた彼女は、彼にとって唯一無二の存在になるはず。

だからこそ「俺の彼女、こんなにいい子なんだよ」と彼は周りに自慢したくなるんです。


いかがでしたか?
彼が彼女を周りに紹介するのは、一人の女性として強い魅力を感じてくれている証拠とも言えるでしょう。
ぜひ自分の魅力を最大限磨いて、自慢してもらえるような最強彼女を目指しましょう!

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む