愛される女性とそうでない女性はLINEの使い方も違います。
「今年こそ愛される女性になりたい」という人は、愛され彼女のLINEテクを学んでみませんか?

男性がときめいてしまう愛され彼女のLINEテク4選をご紹介します。

(1)必ず返信する

『ちょっとしたことでも丁寧に対応してくれるとキュンとする』(34歳/マーケティング)

愛される女性は、自分がされて嫌なことはしません。
やむをえず既読を付けてから返信までに時間がかかってしまうことはありますが、わざと既読スルーなんてことはしないのです。

読んだら必ず返信してくれる女性は優しいのでみんなに好かれるもの。
駆け引きなどしないので、男性も彼女のことを信頼できるでしょう。
愛され彼女を見習って、「これって返信必要ないのかな?」と思うような内容でもきちんと返信しておきましょう。

(2)スタンプだけで返事しない

『スタンプだけでありがとうって言われても、ほんとに思ってねーだろ!(笑)』(28歳/人事)

「了解」「ありがとう」など、スタンプだけで済ませたりしていませんか?
スタンプは気持ちや感情を伝えることができて便利ですが、スタンプだけの返信は手抜きの印象が。
LINEの相手は「返信するのが面倒なのかな?」と雑に扱われたように感じるときもあるでしょう。

愛される女性もスタンプを使うことはありますが、言葉で気持ちを伝えます
誰にでも手を抜かずに丁寧に接するので、男性はときめいてしまうでしょう。

(3)送りすぎない

『せっかくいいなと思っていても、LINEの回数が多いとうざったくなってくる……』(31歳/インストラクター)

1日に何十回もLINEすると、さすがに男性もうんざりしてきます。
愛される女性は自分から頻繁にLINEしません。
男性のペースに合わせられるので、相手の負担にならないのです。

男性といい感じになると、嬉しくてどんどんLINEしてしまう女性も。
しかしこれではせっかくのチャンスを逃してしまうことになりかねません。
愛される女性は間隔を開けてLINEするので、男性は無理なく彼女とLINEを続けることができるでしょう。

(4)気遣いがある

『優しくしてほしいときに、それを察したことを言ってくれるとグッとくる』(25歳/宣伝)

女性からの気遣う一言に男性は癒されます。
「今日もお疲れさま」「今日はありがとう」など、労わる言葉感謝の言葉があれば、男性は「彼女とのLINEには癒される」と思うでしょう。

一方、自分のことばかり話すLINEは男性を疲れさせてしまいます。
愛される女性は相手を思いやる気持ちをメッセージに込めますので、男性はときめいてしまうのです。


愛され彼女のLINEテクをご紹介しましたが、意外と簡単なものばかりと思いませんでしたか?
相手を大切にする丁寧な姿勢は誠実さが伝わりますので、男性はキュンとするのでしょうね。
愛され彼女のLINEテクに学んで、男性がときめくLINEを送るようにしてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

ライン記事をもっと読む