女性は気になる男性とデートを重ねて、エッチをしたらもう彼女だと思ってしまいますよね。
ですがきちんと「付き合う」という言葉を出してくれるまでは、彼女になれたと油断してはいけません!

男性はエッチをしたからといって彼氏彼女になったとは思っていないんです!
では、男性はどんな女性をエッチのあとに彼女にしたいと思うのでしょうか?
エッチのあとに彼女になれる子とそうじゃない子の違いをご紹介します。

(1)エッチに慣れている

『遊んできたのかな、自分のことも遊びなのかなと思ってしまう』(30歳/広告)

彼を喜ばせたい一心で頑張ってしまうかもしまうかもしれませんが、気を付けてください。
あまりにエッチが上手だと男性は「過去にどんな恋愛してきたんだ」「俺で何人目?」と、勘ぐってしまいます。

そうなると、一気に彼女にする気がなくなってしまいます。
少し慣れてない女性をリードしたいのが男性のホンネ。
きちんと付き合うまでは、あまり積極的にならずに、彼に任せましょう。

(2)ベッドで甘えてくる

『自分のものにしたいなと思っちゃいますよね』(29歳/製造)

行為の後に、甘えてくれる女性は男性からしたら「満足してくれたのかな」というバロメーターになります。
言葉に出すのは恥ずかしくても、くっついてきてくれたら嬉しいものです。
男性としてのプライドも満たされれば「こんな子と付き合いたいな」と思ってくれるはずです。

重要なのは言葉に出さないことです。
あまりに率直に言われると男性は引いてしまいます。
もし、聞かれるようなことがあればその時は恥ずかしがりながらうなずく程度にしておきましょう。

(3)すぐにシャワーを浴びる

『エッチ自体が嫌だったのかなと悲しくなる』(25歳/サービス)

行為のあとにすぐにシャワーを浴びるのは絶対にNGです。
女性はシャワーを浴びてキレイになってから彼と近づきたいと思いますが、男性からしたらすぐにシャワーを浴びる女性は、一刻も早く汚れを落としたいと思われている気がしてしまいます。

男性はナイーブなので少しのことでも深読みしてしまうことがあります。
行為のあとはすぐにベッドから出ずに余韻を楽しみましょう。

(4)軽くない女性

『本気だからこそ、行為に付き合ってくれたのかなと』(26歳/公務員)

そもそも彼女になる前にエッチする子とは彼女になる確率は低いものです。
「付き合う」という言葉がなくても、エッチする前までに何度もデートして軽く思われていなければエッチの後に彼女になれる確率はグンとアップします。

軽くないのにエッチしたということは男性からすると「俺だからエッチしてくれたんだ」と、特別感が出るからです。
こう思わせれば逆に男性のほうから彼氏になりたいと思ってくれるはずです。


今回はエッチの後に「彼女になれる女性」と「そうじゃない女性」の違いをご紹介しました。
エッチのあとの対応1つで彼女になれるかなれないかが、だいぶ変わってしまいます。

ですが、あくまでも「付き合う」という言葉が出ないと彼女になれる確率は低いことだけは心に留めておきましょう。

(恋愛jp編集部)