ボディタッチが多い男性っていますよね。
そんな男性には、ボディタッチをする無意識の心理が隠れているようです。
男性はいったいなぜ女性の体を触りたがるのでしょうか。

そこで、デート中の彼からのボディタッチの真意についてまとめてみました。

(1)ただの癖

『つい癖で誰とでも肩を組んじゃったりする(笑)』(26歳/飲食)

人懐こい男性は、男女問わずボディタッチをする傾向にあります。
ただの癖の場合、女性だけではなく誰にでもボディタッチをするので非常にわかりやすいです。
気があるなし関係なしにボディタッチをする男性の場合、デート中も自然にベタベタしてくるでしょう。

そのため、ただの癖の場合には軽く流す程度に捉えることが大事。
期待してしまうとその後ガッカリすることもあるので、見極めが必要になります。

(2)下心がある

『デート中にさりげなく腰に手を回せるかな?って確かめてる』(31歳/IT)

下心がある男性は、女性がどこまで許してくれるか試すために、ボディタッチをします。
ガードが固い女性の場合、軽い気持ちでボディタッチをすると嫌われてしまうことも。
それを避けるために、慎重にボディタッチをするのです。

そんな男性には下心があり、デートの最後にお持ち帰りできるかどうかを試している場合があります。
そのため、遊びの対象にならないためにも、嫌なときははっきり断ることが大事と言えます。

(3)甘えている

『ある程度仲良くなったら膝枕とかしてもらうよ』(28歳/金融)

男性は好きな女性に甘えたくなることがあります。
普段クールな男性も、彼女とのデートのときになるとリラックスするようです。
そんな男性は、デート中に彼女にベタベタ触る傾向にあります。

普段クールな男性が甘えてくるということは、本命である可能性が高いと言えます。
そのため、疲れを癒してあげるためにも、思う存分甘えさせてあげることが大事なのではないでしょうか。

(4)誘っている

『ホテル行きたい時はそれを匂わせるようなボディタッチを試してる』(29歳/美容師)

男性は女性を誘惑するとき、ボディタッチをすることでそれをアピールするようです。
デートのあとそのままホテルに行きたいと思っていても、ストレートに伝えると断られてしまうことも。

断られることを避けるために、男性は流れに任せて女性をホテルに連れ込む作戦に出ることがあります。
そのため、特に際どい部分を触ってくるような男性は、誘惑していると思っていいでしょう。


デート中の彼からのボディタッチには、様々な真意が隠れているようです。
男性からのボディタッチは、相手によっては嫌な場合もあるので、流されずにしっかりと意思表示をすることをおすすめします。

(恋愛jp編集部)