「冬コーデは太って見えるから嫌……」と普段から思っている女性は多いかもしれません。
たしかに冬は防寒のためにモコモコしたファッションになることがほとんどです。
そのためいつもよりも着ぶくれしてしまうのは、冬コーデの大きな悩みの一つですよね。

そこで今回は、痩せて見せる冬コーデをご紹介していきます。

(1)ストライプ柄ニット×スキニー

『痩せて見えると言えば、やっぱりストライプ柄!』(30歳/不動産)

痩せて見える柄は、ボーダーよりもストライプだとよく言われますよね。
縦ラインの方が、全体的に見た目がスマートに見えるからなんです。
そのため冬の定番アイテムであるニットも、ボーダーよりストライプを選びましょう。

ストライプにするだけでも、着ぶくれしやすいゆったりめのニットは一気にスマートな印象になります

そしてさらに組み合わせとしてはタイトなスキニーパンツを選ぶといいでしょう。
ボトムスがタイトだと、さらに着痩せ効果は強まります

(2)白ニット×黒タイトスカート

『白って膨張色だけど、黒と合わせてメリハリをつけるとすごく痩せてみえるよね』(29歳/広告)

着痩せ効果を狙うなら、色によるコントラストを強めに作るのもありですね。
たとえば白のニットと黒のタイトスカート。
白黒の強めなコントラストで、コーデは一気に大人っぽい印象になります。

コントラストのあるコーデは、イメージがクールな感じになることが多いです。
それが着痩せ効果に繋がります

また着ぶくれしやすいニットとタイトスカートは、さらにコーデにメリハリを与えてくれるでしょう。

(3)ニットワンピ×ウエストマーク

『ニットワンピってそのまま着ると太って見えがちだと思うけど、ウエストマークを使うと腰回りが強調されて細く見えると思う』(31歳/金融)

冬に活躍するワンピースといえばニットワンピ。

ですがニットワンピはゆるめなAラインのものが多く、実際よりも太って見えがちなのが難点です。
そのためおしゃれに着こなすなら、ウエストマークを活用するのがいいでしょう。

ウエストマークを使うことで、腰回りは一気にタイトな印象になります。
ふんわりとしたニットワンピでも、痩せて見える効果は十分でしょう。

(4)タートルネックニット×フレアスカート

『タートルネックのニットとフワッとしたフレアスカートのコーデは上半身がすっきりして見える』(31歳/企画)

タートルネックニットは、より体のラインがはっきり出るタイトなものを選ぶといいでしょう。
すると上半身が非常に締まって見えるため、着痩せに繋がります。
黒やブラウン、ネイビーなどの寒色系を使うとよりスマートな印象になるでしょう。

組み合わせるフレアスカートはそのまま履いてもいいですが、オススメはトップスをインすること。
するとハイウエストになるため、美脚効果にも繋がりやすくなります


いかがでしたか?

冬こそ着痩せを一番に意識したいところですよね。
着ぶくれしやすいアイテムでも、着こなし方や色の選び方を工夫するだけで、着痩せコーデを作ることはすぐにできてしまうんです。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む