寒い季節が終わり、春や夏にかけて肌の露出が増えていきます。
男性が激萎えしてしまう「ボディケア」ポイントを押さえ、自信を持って新しい季節を迎えましょう。

今回は4つに分けてご紹介していきます。

(1)指の「ささくれ」

『手を握ったときに手がカサカサでささくれがあったりすると痛そうで気になる……』(31歳/マーケティング)

冬になるとどうしても乾燥してしまいがちな指先。
水仕事や指を使った作業が多いと、季節を問わず荒れてしまうなんてことも。
ふと見ると「ささくれ」ができてしまっていた経験は誰しもあるはず。

実は指先というのは案外男性に見られているポイント
手を握った時の彼女の手がカサカサだったりすると、デートにも集中できなくなってしまいますね。

オシャレな女性は綺麗なネイルをしながら指のケアも怠らないため、差が出るポイントですよ。

(2)かかとの「ガサガサ」

『かかとがガサガサでストッキングが伝線してたりするとちょっと引いてしまう……』(30歳/広告)

女性自身も悩みの種であるかかとの「ガサガサ」した乾燥。
秋から冬にかけての乾燥する季節に悪化してしまう人も多いのではないでしょうか?
春夏にはどうしてもかかとが露わになるため、早めに治しておきたいところ。

もっとも気を付けたいのは入浴後のケア
お湯の浸透した皮膚が乾くことで、かなりのゴワゴワ感が出てしまうのです。
乾燥する前にクリームを塗り、靴下などで保護するようにしましょう。

(3)腕、脇、足、顔の「ムダ毛」

『ムダ毛の処理し忘れってやっぱりちょっと萎える。女の子はツルツルしててほしい』(28歳/サービス業)

男性目線ではどうしても「ツルツルなめらかな肌」を女性の理想としてしまうもの。
それと違う現実を突きつけられると、やはり萎えてしまいます。
ここでとくに気にしたいのは「除毛し損ねること」です。

無意識にケアしていてついつい「除毛し損ねて」しまう部分があります。
腕や足の後ろ側や、脇のはじっこ、顔の産毛……。
男性は後姿や横顔を見つめる時間が長いので、どの角度から見られてもOKな準備が必要です。

(4)背中の「ニキビ」

『背中の開いた服を着て、背中がニキビで荒れてた時はうわぁ……ってなる』(33歳/公務員)

気が付くとできてしまう背中の「ニキビ」。
普段見えないところだからこそ、ついつい悪化するまでケアを忘れてしまいがち

でも思いのほか背中の一部が見えるデザインの服もあり、彼とのスキンシップでも見られる機会はあるでしょう。

こうした普段気が付かない部分を知るためにも、「全身鏡」などの存在は重要。
合わせ鏡などをしてチェックすることで、自分が他人からどう見えているのかわかります

また今回取り上げた「背中ニキビ」。
インナーの素材やシャンプーの洗い残しが原因ということがあります。
薬を塗ってもよくならない場合は、ぜひ参考にしてみてください。


いかがでしたか?

けっこうデリケートな話題も多く、直視したくない項目もあったかもしれません。
もちろん体質などの個人差はあると思います。

肌荒れはアレルギーや食生活、生活リズムなども原因となる場合もあるので、困ったら専門家を訪ねるのもいいのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む