冬は寒い季節だからこそジーンズで出かけることも多くなる時期です。
ですが何も意識せずにジーンズを履くと、ちょっとカジュアルすぎたり地味すぎたりしがちなもの。
この冬は、ぜひ大人っぽいジーンズコーデを身につけて一歩差をつけていきましょう。

今回は、冬のオトナなジーンズコーデをご紹介していきます。

(1)ジーンズ×タートルネック×ノーカラーコート

『ジーンズにパンプスっていうのがいいんだよね~』(23歳/IT)

ジーンズを大人っぽく着こなすには、トップスやアウターに大人っぽい感じをプラスするのが一番。
タートルネックはタイトなものを選び、体のラインがしっかり出るように意識。
ノーカラーコートは、首回りがうるさくなるタートルと良い相性を出してくれるでしょう。

ジーンズは8分丈くらいのものを選ぶと、より大人っぽく上品な仕上がりに。
少しヒールのあるパンプスを履けば、オンオフ問わずに使える大人コーデの出来上がり。

(2)ジーンズ×白Vネックニット×ダウンジャケット

『しっかり着てても、Vネックでゆるさが出てイイ♡』(28歳/管理)

Vネックのニットも、大人っぽい雰囲気をコーデに出してくれる王道アイテムの一つ。
デコルテを強調し、大人らしいセクシーな感じを意識しましょう。
それだけで、ボトムスにジーンズを履いてもカジュアルな感じが強くなくなります。

アウターにはネイビーなどの落ち着いた色のダウンジャケットがオススメ。
カジュアルアイテムの一つであるダウンも、Vネックのクールな感じによってカジュアルさが薄くなります。
スニーカーを履いても、ちょうど良い大人カジュアルコーデになるでしょう。

(3)ジーンズ×黒ニット

『体のラインがわかるニットでも、黒だと品がよくみえるから不思議』(34歳/編集)

ワントーンコーデを意識し、黒ジーンズと黒ニットでシックなコーデを作るのも素敵ですね。
黒ニットはよりタイトなものを選べば、すっきりと締まった大人コーデに。
少し全体の印象が暗いと感じたら、ホワイトや赤、オレンジなどのパンプスを履くとよりおしゃれ度アップ。

(4)ジーンズ×白カットソー×ボアコート

『ジーンズと白のカットソーは間違いない』(25歳/広告)

今年も人気のアウターの一つであるボアコート。
子どもっぽい感じにもなりやすいデザインですが、大人らしい抜け感のあるカットソーと組み合わせると印象は一気にすっきりします。

着ぶくれするイメージもなくなり、ジーンズのおかげでコーデに軽さが出てきます。
ニット帽などを被っておしゃれに決めるのもオススメです。


いかがでしたか?

ジーンズは冬にこそ重宝し、着回しにも使いやすいアイテムの一つ。
防寒でカジュアルっぽくなりやすい冬でも、組み合わせアイテムを工夫すれば大人っぽいジーンズコーデを作ることは可能です。
ぜひ好みのコーデを見つけて、冬もおしゃれにジーンズを楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む