彼や気になる男性が話すことって、なんでも気になってしまうもの。
なんでこんな話してくるのだろう?好きと思われてないのかな?と不安になることもありますよね。
そこで今回は、【男に聞いた】本命の子についつい話してしまうことについて、紹介していきます。

(1)自分語り

『自分のこともっと知って欲しいからなんだけど、話しすぎたなって後でだいたい落ち込む(笑)』(27歳/広報)

自分のことばかり話して私には興味がないのかな?と思ったことありませんか?
実はソレ、本命だから話すことです。
自分のことばかり話すことは、それだけ自分をプレゼンしていること。

もっと知って欲しい、興味を持って欲しいという表れです。
また、全てを知って欲しいと思っているから。
自慢話なんかも、本命に「スゴイ」と思って欲しい気持ちから、ついつい話してしまうもの。

彼が自分語りをしてきたら、興味を示してあげると、受け入れてくれたと感じてくれますよ。

(2)将来について

『将来のことってなんでか伝えたくなる』(30歳/コンサル)

夢や将来について話すことも、自分を知って欲しい表れ。
また、自分との将来に安心して欲しいとも思っています。

自分の正直な気持ちや本音を知って欲しいと思っているから。
そして、彼女が共感してくれるかどうかを確認したい気持ちもあります。
仕事の話や成果を話すことも、同じ理由。

認めて欲しい気持ちが強いので、共感してあげることが大事。
恥ずかしいと思いながら話していることもあるので、適当な相槌はせずしっかり聞いてあげましょう。

(3)コンプレックスな部分

『弱い部分も受け入れて欲しいって気持ちがあるのかな』(26歳/SE)

男性は弱い部分を他人には見せたくないもの。
しかし、本命には自分の弱い部分も受け入れて欲しいという気持ちが強くなります。
そのため、自分のコンプレックスや愚痴などを話すことがあります。

弱さを見せられるのは、本当に信頼している相手だけ。
それだけあなたのことを、信用して頼りにしていることです。

コンプレックスを人に話すことは勇気がいりますよね。
弱い部分は見たくないと思うかもしれませんが、受け入れてあげることで彼は安心しますよ。

(4)質問されたこと

『好きな人に質問されたことなら、きちんと答えたいからね』(29歳/不動産)

人に質問されても、答えたくない事だってありますよね。
しかし、大人の男性ならば、答えたくない質問に対して上手にかわすスキルぐらい持っています。

ただし、本命から質問されたことは別。
はぐらかしたり答えなかったりはしたくないので、質問されたことに対して真摯に答えようとします。
言葉を選びながらでも、きちんと誠実に答えてくれるもの。

質問したことをきちんと全部答えてくれるならば、本命の可能性大。
しかし、あまりにも踏み込んだ質問は避けるようにしましょう。


本命には、自分をもっと知って欲しい話が多く見られます。
それは自分を受け入れて欲しいという思いから。
そんな時は、真剣に話を聞き、相手の気持ちに寄り添うことが大切です。

(恋愛jp編集部)