本格的に寒くなってくると、ついブクブクに厚着してしまいますよね。
寒さ対策のあまり、男性目線を忘れてはいませんか?
そこで、あったかいのに彼を惚れさせるくらいスタイルアップできちゃう真冬のモテコーデをご紹介します!

(1)ロングコートでスッキリ縦長効果

『コートの中でも、スタイルがよく見えるので好んで使っている』(24歳/保育士)

おしりまで隠れるくらいのロングコートはスッキリ縦長に見られるのでオススメです。
Iラインを意識してコート選びをするといいでしょう。
特に、着やせ効果が狙えるタイプは次の3点。

・フード付き
・首元ファー付き
・腰紐

フードやファーがあると重心が顔周りになり、縦長効果&小顔効果が狙えちゃいます。
腰紐やウエストリボンなどはウエストマークでき、メリハリのある引き締まったスタイルに見せることができます。
逆に太って見えてしまうのは次のタイプです。

・ダウンコート
・Oライン

どうしても寒いからダウンが着たい!という場合は、ロング丈でIラインのものを選ぶようにしましょう。

(2)帽子やストールで重心アップ!

『冬の時期だとマフラーやストールを重宝している』(26歳/飲食)

首周り・顔周りに目線を持っていくようなコーデは重心が上にいき、スラッと縦長効果が狙えます。
帽子・メガネ・ストールなど、顔周りにアクセントのある小物を取り入れてみましょう。
ストールをボリューミーに巻いて、全体をIラインでシンプルに見せるのもオススメです。

ボトムや足元にアクセントを持ってくるのはNG。
下半身はシンプルなものを選ぶようにしましょう。

(3)引き締めカラーを有効活用

『ダークカラーは引き締めてくれるので、よく使っています』(27歳/公務員)

黒やネイビーなど、暗い色は引き締め効果があるので、気になる部分に取り入れるのがオススメです。
しかし全体のトーンを暗くしてしまうと、どうしても重くなりがちです。

なども取り入れた方がスッキリ明るく見えます。
例えば下半身が気になる方の場合、白ニットに引き締めカラーのパンツを合わせ、腰回りが隠れるアウターを重ねることで、重すぎることなくスタイルアップすることができます。

(4)「首」見せスタイル

『すべて隠してしまうと、重い印象になってしまうので』(23歳/金融)

スタイルアップのカギとなる「首」とは、首・手首・足首の3つのことを言います。
例えば、

・Vネックで首見せ
・アクセサリーで手首見せ
・ロールアップで足首見せ

など、どこか1つでも見せるだけで抜け感が出て全体的にスッキリと見えるのです。
店内に入ってストールとコートを脱いだ時に、首元と手首が覗いたら男性はドキッとするはず。
ぜひお試しくださいね。

いかがでしたか。
アウターやストールなどでしっかり防寒しつつ、屋内ではスッキリ見える工夫することで、真冬のスタイルアップは可能です!
ぜひ普段のコーデで意識して取り入れてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む