好きな男性から、エッチな目で見られたら嬉しいものですよね。
しかし、男友達や異性として意識していない男性から、性的な目で見られるのは勘弁したいものです。

そこで今回は、男性が「この子にハメたい!」と思う瞬間をご紹介します。
男性心理を理解して、自己アピールと自己防衛に上手く活用しましょう。

(1)女性から甘えられた時

『隣に座って甘えられたらエッチしたいって思う事あります』(27歳/経営)

女性から可愛く甘えられて嫌な気のする男性はいません。
特に上目遣いで「お願い!」と言うと、あまたの男性の心を打ちぬくことができるでしょう。

さらに体を軽く摺り寄せると、「この女性に……ハメたい!」と興奮すること間違いなしです。

(2)2人で飲んで酔っぱらった時

『お酒が入ると可愛く見えてヤリたくなりますね』(30歳/企画)

酔っぱらった時というのは、性に対して開放的になるものです。
また本音をぶちまけやすくなるのもアルコールが入っている時です。

そのため好きな男性と距離を縮めたい時には、2人飲みが一番。
注意点としては、好きな人であっても男女の関係にならないようにしましょう。

上手くいくケースもありますが、曖昧な関係でズルズル続いてしまうと苦しいのはあなたです。
また自分の酔い方をきちんと把握することが、お酒の席で失敗しないコツなので、きちんと自分の上限を知っておきましょう。

(3)女性の小悪魔的な面をみてキュンとした時

『プウライベートの雰囲気が違う子見ると夜のこと想像しちゃいます』(26歳/販売)

イメージは、ドラマ「失恋ショコラティエ」の石原さとみです。
まさに「昼は淑女、夜は娼婦」という言葉を表していますよね。

普段は清楚な雰囲気の女性が、たまにふと男を弄ぶような小悪魔的な仕草をすると、男は妄想を繰り広げてしまうものです。

「この女性は意外とエッチなのかもしれない!」
そんな風に思って、一人胸躍らせているかもしれませんね。

(4)露出度の高い服を着ている時

『胸元アピールされたら反応しちゃう』(29歳/公務員)

胸元が大きく開いた服、太ももがあらわになるくらい短いスカート。
女性はファッションとして、こういった露出度の高い服装をすることがあります。

しかし、男性たちはというと「誘ってるのか?!」と勘違いすることもしばしば。
男友達と2人飲みをするときなどは、露出度は控えめにしておいた方が吉です。


いかがでしょうか。
男性心理を理解することで、意中の男性の気を惹いちゃいましょう。

また異性として意識していない男性から、性的な目を向けられて嫌な思いをすることも少なくなるでしょう。
男性心理を知って、上手く実生活で活かしていくことが大切なのです。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む