男性から魅力的だと思ってもらうためには、おばさんだと思われてしまうようなことを避けなければなりません。
ではどのようなことがおばさんだと思われるのでしょうか。
男性からアラフォーと勘違いされてしまうおばさん仕草について説明します。

(1)姿勢が悪い女性

『腰が曲がっている女性はおばさんに見えるよね』(31歳/広告)

腰が曲がっているなど、姿勢の悪さが際立つと年齢以上に加齢を感じさせるようです。
姿勢が悪い女性はどうしてもおばさんっぽく見られてしまいます。
姿勢が悪いなら、姿勢を真っすぐ正す癖をつけましょう

姿勢を改善するためには、筋トレをする、矯正グッズを利用するなどのやり方があります。
ただ最も大切なのは姿勢を正すという意識です。
背筋を真っすぐに常にしておくという気持ちを頭のどこかに入れておきましょう。

(2)髪型やメイク、ファッションが、古い女性

『古いファッションは正直ダサい……』(26歳/美容師)

髪型やメイク、ファッションなどは自分が若い頃の流行に大きく影響されます。
最新の流行を自分では取り入れたつもりでも、どこか古くさくなってしまうのです。
年相応にするのは悪いことではありませんが、若い世代から見たときに古さを隠せません。

だからアラフォー世代に差し掛かる年齢なら、どこかワンポイントでいいのでトレンドを取り入れましょう
雑誌やネットで流行をチェックし、新しいものを試していると、気持ち的にも若返ってきます

(3)年齢相応の言葉遣いができない女性

『話ていると近所のおばさんを思い出す』(27歳/公務員)

言葉遣いが丁寧である方がおばさんっぽく見られてしまうのでは、と思いがちですが、実際は逆です。
年齢相応の言葉遣いができない女性はおばさんだと判断されてしまいます

理由はおばさんにはどことなくなれなれしい女性が多いからです。
おばさんだと思われないためには、気品を兼ね備えた上品な女性を意識しましょう

(4)噂話と愚痴が多い女性

『女性の愚痴とか噂話は苦手』(30歳/営業)

おばさんは噂話や愚痴が多いという印象を多くの人が持っています。
近所の井戸端会議など、噂話と愚痴のあるところには常におばさんがいるイメージが強いですから。
だからおばさんと思われないためには、噂話や愚痴を言うのは避けましょう


男性にアラフォーと勘違いされやすいおばさん仕草について説明しました。
男性はちょっとしたことで女性のことをおばさんだと認識してしまう生き物です。
おばさん仕草をしないように隙を見せないことが、恋愛を成功させる可能性を上げるでしょう。

(恋愛jp編集部)