年齢の割に子どもっぽく見えてしまう……なんて悩みを抱えていませんか?
今回はそんなあなたのためにも、大人な女性を演出できるコーデのポイントを紹介していきます。
大人の魅力をアピールして、愛され女性を目指しましょう。

(1)露出は控えめに

『ガッツリ露出は10代までにしてほしい。遊んでいそうなイメージも強いし、あんまり好きじゃない』(31歳/公務員)

露出度高めな服装は男性ウケ抜群かと思いきや、意外にも低評価の声がたくさん寄せられてきました
20代以降の女性が惜しげもなく肌を露出するのはどうしてもやりすぎ感が否めないので、控えた方がいいのかもしれません。

Vネックニットで鎖骨見せなどを始めとするさり気ないセクシーアピールで、大人の色気を意識しましょう。

(2)ゆるふわよりもタイト感

『ゆったりとした服装も可愛いけど、ちょっと子どもっぽいかも。体のラインがわかる服装の方が自分的には好み』(23歳/建設業)

大人な愛され女性の服装はゆるふわよりもタイト感が大切
タイトな服装は女性らしい体つきをアピールできるため、セクシーさが自然と急上昇します。

可愛らしさよりも大人の魅力で攻めたい人は、タイトスカートやタイトニットなどを取り入れてみましょう。

(3)バッグは小さめを意識

『大きなバッグでいつも荷物がパンパンな女性ってすごく幼く見える。デートのときはさすがにやめてほしい』(25歳/サービス業)

大きめのバッグは悪い意味で目立ってしまうだけではなく、幼い印象を覗かせてしまう原因となります。

そのため大人な女性を目指したいのであれば、小さめショルダーバッグ等でコーデを考えるのが吉。
小物にも十分気を配って、大人の魅力を損なわないよう注意しましょう。

(4)アクセサリーはシンプルなものをチョイス

『大きなピアスって学生とか若い子がつけるイメージ』(30歳/サービス業)

大きくて目立つピアスやネックレスも子どもっぽさを後押ししてしまうので要注意。
シンプルで小さめなものをチョイスして、上品さを演出しましょう。


コーデを少し変えるだけでも、大人の魅力は大幅にアップします。
今回紹介したポイントをしっかりと意識して、あなたの魅力をさらに引き出していきましょう。

(恋愛jp編集部)