今回は、思わず男性が落胆してしまう冬デートの服装をピックアップ!
一体どのような服装をチョイスすると、男性をがっかりさせてしまうのでしょうか。
さっそく気になる詳細をみていきましょう。

(1)防寒対策ばっちりな服装

『厚手のコートにマフラーにムートンブーツ……寒いのはわかるけどやりすぎ』(30歳/IT)

冬デートは少しでも温かい身なりでのぞみたい……という気持ちはわかります。
しかし防寒対策万全な格好でデートに行くと男性を幻滅させてしまうので要注意。

最悪、早めにデートを切り上げられてしまう恐れもあるので、少しはオシャレを取り入れることを意識しましょう。

(2)個性が強い服装

『個性が強すぎるファッションで来られたら引きます』(32歳/自営業)

個性を持つのは、大切なことです。
ファッションで自分を表現したいと考えるのは、決して悪いことではありません。

しかしデートという場で、個性が強い服装をチョイスしてしまうと足かせになる場合もあります。

とくに付き合いたての場合、男性は女性の服装に可愛らしさや綺麗さを求めている傾向にあるので用心しましょう。

(3)脱いだら露出が高い服装

『レストランに入って彼女がコートを脱いだ時、露出が高い服着てて驚いた』(29歳/販売)

少しでもセクシーさを取り入れて、彼の視線を釘付けにしたい……こう考えている女性も多いのではないでしょうか。
しかし冬という季節に露出が高い服装は似つかわしくありません。

そもそも男性は、真剣に交際している女性に露出が高い服装を求めていないので逆効果になるのは火を見るよりも明らかです。
TPOをしっかりと弁えて、彼に好印象を抱かれる服装を選択しましょう。

(4)女子感満点なフリフリな服装

『自分の年齢を考えると、フリフリ感満載な服で来られたら一緒に歩けません』(35歳/企画)

好きな男性にはとびっきり可愛い服装でアプローチしたいですよね。
なかには女性らしさ溢れるフリフリな服でデートにのぞみたいと考える人もいるでしょう。
しかしそれらの服装は男性を後ずさりさせる要因になります。

恥ずかしくて一緒に歩けない」「がっかりする」といった意見が多く、自然とフェードアウトされるのは時間の問題と言わざるを得ません。

信頼関係が築きあがるまでは、落ち着きのある服装で男性のハートをガッチリ掴みましょう。


冬のデートコーデは、どうしても厚着になりがちなので何かと頭を悩まされますよね。
男性がNGと感じる服装は避けて、幸せな時間が過ごせるよう努めましょう。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む