男性は女性に比べるとプライドが高く、褒められることが大好きです。
そのため男性を上手に褒めることができる女性はモテますし、男性にも大切にされます。

しかし男性と女性では、褒めてほしいポイントが違うことも。
そこで今回は、男性が喜ぶ!正しい「褒め方」についてご紹介します。

(1)頼りになる

『やっぱり頼られると嬉しいし、何かした時にきちんとお礼をいってくれるのは好印象』(30歳/企画)

男性は女性に頼られたい生き物。
そのため「頼りになる」と言われると嬉しく、自分に自信が持てるのです。

男性が何かしてくれたときなどは、お礼の言葉とともに「頼りになる」と褒めてあげましょう。

また自分からお願い事をして、男性がやってくれたら褒める……というのも効果的。
自分でできてしまいそうなことでも、男性を頼って褒めることで喜んでもらえますよ。

(2)男らしい

『男らしい!って言われるのは実はかなり嬉しいですね』(32歳/SE)

女性がいつまでも女らしくいたいのと同じように、男性も常に男らしくいたいと思っています。
そのため筋肉など、彼の男らしいポイントを見つけて褒めてあげると、喜んでもらえます。

しかし彼の男らしいポイントがわからない……という場合もありますよね。

そのような時にも、実は「男らしい」という褒め言葉は万能!
優しくて男らしい」など、いろいろな言葉にくっつけて使用することで、一気に褒め言葉になるのです。

さりげなく使ってみてください。

(3)尊敬する

『仕事について褒めてもらえて、尊敬してるっていってもらえると、僕のことちゃんと見ててくれてるんだなって思います』(30歳/医師)

忙しい彼には、仕事に対する姿勢などを褒めてあげると、喜んでもらえます。

女性は「いつもありがとう」などの感謝の言葉をかけて欲しい人が多いですが、男性は「さすが」や「すごい」などの尊敬の言葉の方が嬉しいという方が多いそうです。

いつも仕事頑張っていてすごいよね、尊敬する」など、仕事についての褒め言葉は、男性からすると「わかってくれている」という風にも感じるので有効ですよ。

(4)かっこいい

『ベタだけど、やっぱりかっこいいって言われて嬉しくないわけないですよね(笑)』(28歳/コンサル)

鉄板すぎる褒め言葉ですが、男性にとって「かっこいい」は、やはり嬉しい褒め言葉。
見た目だけでなく、男性の持ち物や行動など、さまざまなところで使えます。

しかしいろいろな場面で使えるからこそ、乱用は禁物
具体的にどこがかっこいいのかを付け加えて伝えることで、わざとらしくなく、褒め言葉として受けとってもらえます。


いかがでしたか?
「褒める」ということは簡単なようですが、なかなかきちんと褒めることができている人は少ないのではないでしょうか?

褒められて嫌な気分になる方はいません。
好きな人や、パートナーといい関係を保つためにも、ぜひたくさん褒めてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む