キスで彼をドキドキさせたいなら、焦らしキスがオススメです。
簡単に手に入らないものの方が燃えますので、彼はすぐにキスしてくれない彼女とキスしたくて興奮が高まるでしょう。
マンネリ打破にもなる「焦らしキス」で彼をドキドキさせてみませんか?

(1)唇以外にキス

『焦らされるの好きだから、コレいいね』(25歳/映像)

あなたが顔を近づけてきたら、彼は当然キスしてくると思って期待するはず。

ここでいつもなら普通にキスする流れでしょうが、焦らしキスをするならいきなり唇へキスをしません。
頬やおでこなど、別の場所からキスを始めましょう。

今日はいつもと違い、なかなか唇にキスしてくれないとなると、彼は焦らされて興奮してきます。
焦らしてから唇にキスすれば、普段のキスよりもずっと喜びが増すでしょう。

(2)彼の唇を交わす

『小悪魔だな~♡』(32歳/マーケティング)

彼がキスしようと顔を近づけてきたら、顔を背けて交わしてみましょう。
普段ならスムーズにキスできるのに、彼は顔を背けられてきっとビックリ。

「まさかキスを拒否?」と慌てるでしょうが、そこであなたの方からチュッとキスをしたら彼は安心するでしょう。
いたずらっぽい表情をするあなたに彼はキュンとするはず。

キスがマンネリ化してきたら、ちょっと焦らして彼をドキドキさせてみましょう。

(3)フェイントをかける

『イタズラしてくる子って超好き』(30歳/看護師)

キスすると見せかけて直前でストップ
彼はキスを受ける準備をしているので、一瞬戸惑うでしょう。

キスと見せかけてギュッとハグすれば、彼は焦らされながらも「可愛いな」と思って興奮が高まります。
「早くキスしたい!」と彼の気持ちが高まってからキスすれば、すんなりキスするよりはるかに興奮するでしょう。

(4)まずは軽いキスを

『キスさせて~~~ってなってると思うな(笑)』(23歳/IT)

いつもなら簡単にキスできるのに今日はなかなかしてくれない……焦らされた彼は興奮が高まっているはず。
そんな彼にキスするとき、軽いキスにしておきましょう。

彼はすでに濃厚なキスをしたくなっているでしょうが、ここでも焦らしてチュッと軽いキスを。
散々焦らされた彼は、もう我慢できないほど興奮しているはず。
ディープキスにいたったときの満足度はいつもと比べものにならないでしょう。


キスに慣れてきた2人なら、キスのドキドキ感もいつのまにか薄れてしまっているのでは?
そんな2人が再びドキドキを取り戻すテクニックとして「焦らしキス」は効果的です。
焦らすほど彼は興奮しますので、刺激的なキスのためにもスローペースの焦らしキスを試してみてくださいね!

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む