カップルにとってLINEは大切なコミュニケーションの一つです。
しかし、最近ではLINEで別れを告げるカップルも増加傾向にあるようです。
男性がLINEで別れを告げるとき、いったいどんな内容の文章を送るのでしょうか。

そこで、別れを決意した時の男性のLINEについてご紹介します。

(1)絵文字やスタンプが少ない

『別れる相手に愛想良くなんてできないよ』(29歳/医療関係)

LINEの絵文字やスタンプは、仲がいいカップルにとって今や必須アイテムといっても過言ではありません。
LINEを盛り上げるためにも、絵文字やスタンプは非常に活躍します。
しかし、以前に比べLINEがつまらなくなったな、と感じたとき、絵文字やスタンプが減っていることに気がつく女性が多いようです。

別れを決意した男性は、LINEが素っ気なくなることがあるみたい。
そのため、最近絵文字やスタンプが減ったな、と感じたら、別れの兆候の可能性があるので注意が必要です。

(2)スタンプのみの返信

『言葉を発したくもないって状況かな(笑)』(30歳/出版)

男性はLINEが面倒になると、スタンプのみを返すことがあるようです。
質問に対する返信がスタンプだったら、女性としては味気ないもの。
しかし、いくらめんどくさがりな男性でも、好きな女性に対してそのようなLINEは送りませんよね。

そのため、スタンプのみのLINEが頻繁に送られてくるようになったら、別れを意識している可能性があるので見極めが重要と言えます。

(3)忙しいと言うようになった

『好きな人に会う時間くらいは頑張って作るものだからね……』(27歳/美容師)

仕事をしている男性は、忙しい日々を送っていることがほとんど。
しかし、付き合いたての頃は忙しい生活の中でも、男性のほうから会う時間を作ってくれるものです。
逆に冷めてきたときには、忙しいのを理由に会うことを避けるように。

そのため、男性からのLINEで忙しいというワードが出てきたら、彼の気持ちを確認してみることをオススメします。

(4)既読になるのが遅くなった

『優先して見ようとは思わないかも』(24歳/営業)

既読になるのが遅いということは、それだけ興味がなくなった証拠と言えます。
男性は好きな女性のLINEには敏感に気付きます。
しかし、そうでもない女性のLINEはあえて見ないことも。

そのため、既読になるのが遅くなったと感じたら、別れのサインかもしれないので意識して経過を観察してみましょう。


男性は別れを決意すると、LINEの内容に無意識のサインを出すようです。
そのため、日頃から男性からのLINEは流すのではなく、心理的な部分ともしっかり向き合うようにしましょう。

(恋愛jp編集部)