男性は狩猟本能があり、気になる女性がいたら追いかけたくなってしまいます。
なので、追われるような性になることが男性を夢中にさせる近道です!
今回は、どんな女性が男性の狩猟本能を刺激するのかをご紹介します。

(1)他の男性のカゲがある

『自分のものにしたいという思いが強くなる』(24歳/営業)

男性は独占欲が強いので、少しいいなと思っている女性に他の男性のカゲがちらつくと一気に自分の彼女にしたい欲が強まります
逆にいうと、そこまで思っていなかった女性でも独占欲から他の男性に「取られたくない!」と思ってしまうのです。

注意点としては、他の男性と仲がいいアピールを強くしてしまうと「入り込む隙間がない」と勘違いされてしまいます。
あくまでも、カゲをちらつかせる程度に留めましょう

(2)自分のことをあまり話さない

『自分のことを話してくれないと、知りたいな、という欲求を掻き立てられますよね』(26歳/商社)

自分のことをペラペラ話すおしゃべりな男性よりも、少し寡黙な男性のほうが人気があります。
それは男性も同じで自分のことをあまり話さない女性の方が魅力的にみえます
人間には欲があるので、「自分から話さないからもっと聞きたい、彼女のことをもっと知りたい」と思うようになるのです。

ポイントはおしゃべりをしないというわけではありません。
「あくまでも自分のことを話さない」ということです。
たくさん話して楽しい時間が過ぎているときに、ふと「そういえば自分のこと話してくれてないな」と気づいた瞬間から一気に魅惑的な女性になることができますよ。

(3)自立している

『しっかりしている子から頼られると、支えてあげたいなと思う』(27歳/SE)

基本的に男性は女性に頼られたいと思っていますが、それは自立した女性からという意味です。
全て彼を頼りにしているような女性では、男性が逃げたくなってしまいます。

精神的にも経済的にも自立していて何でもこなしてしまう女性だからこそ、頼られた時に「俺がそばいいないと」と思えるのです。
甘えているだけでは、魅惑的な女性になることはできませんよ!

(4)メールや電話対応は素っ気ない

『どう思われているんだろう?と気になってしまって仕方がない』(30歳/公務員)

会っているときは、笑顔で女性らしいかわいさもあるのに、メールや電話の連絡は素っ気ないというのはかなり狩猟本能を刺激します。
男性からしたら「嫌われてはいないだろうけど、俺のこと本当はどう思っているんだろう?」と気になってしまうんです。

さらに、素っ気なくされているために「自分と会っていないときの彼女の生活はどんなものなのなんだろう」と彼女のことを考えるきっかけに。
結果的に気が付いたら会っていない時にも彼女のことを考えていることになるんです!!
これなら簡単に狩猟本能をくすぐることができますよね。


今回は、男性の狩猟本能を刺激する女性についてご紹介しました。
全てを見せずに自分のことを分かっている女性は、簡単に彼女なってくれんなさそうなので男性の狩猟本能を刺激します。
彼に夢中になってもらうため、魅惑的な女性を目指しましょう!!

(恋愛jp編集部)