せっかく好きな人とLINEできるようになったら、2人の距離も縮めたいですよね。
でも、どういうLINEを送れば効果的なのか分からない方も多いはず。
そこでこの記事では、彼の心を振り向かせるような「小悪魔LINE」の4つのポイントをご紹介します!

(1)名前を呼ぶ

『名前で呼ばれると新鮮で特別な関係になった気がします』(26歳/商社)

名前で呼ばれる機会が少ない男性にとって、名前を呼ぶ行為は効果的。
「〇〇くーん」と不意に名前を呼ばれるだけで、ドキッとすることも

「今日どうだった?」という文章よりも、「〇〇くん、今日どうだった?」と文の頭に名前を入れるだけで親しみが湧きますよね。
文の中にも積極的に彼の名前を入れてみるようにしましょう。
彼とのLINEを大切にしている印象を与えますよ。

(2)会った時の話をあえてLINEでする

『俺のことよく見てるなあって思うことがあると、悪い気はしませんよね』(32歳/公務員)

会った時に話せばいいのに、あえてその場では言わずに後でLINEするというのも小悪魔ポイントになります。
みんなの前ではなく、2人っきりのLINEという場ですることで、彼に密接な関係を感じさせることも。

「あの時テンション上がってたよね」とか「今日の服、かっこよかったよ」など、内容はなんでもいいのです。
彼が「俺のこと見てたんだ」と思うことで、会った時のことが深く彼の心に刻み込まれます。

さらに、次回会うときにあなたのことを意識してしまう効果も。
ぜひ利用してみてくださいね。

(3)ネコのように気まぐれ

『ちょっとどうしていいのかわからなくなってモヤモヤしますね』(27歳/アパレル)

さっきまでLINEが盛り上がっていたかと思ったら突然終わってしまったり、毎日LINEしてたのに突然こなくなったり。
実はそんな気まぐれなLINEは、男性を翻弄させること間違いなしのテクニックです。

少し先が読めないミステリアスなところに、男性は思わず「あれ?」と惹きつけられてしまうようです。
また、全くLINEしていなかったのに突然きた内容が、どうでもいい内容だったりすると、「突然どうしたんだろう?」とつい気になってしまう男性も多いはず。

しかし、あまりに気まぐれすぎてLINEのテンポが悪くなってしまうのも逆効果。
適度に入れていきましょう。

(4)少し甘えてみる

『もちろんオッケーに決まってるよ!』(31歳/営業)

効果絶大なのは、少し甘えLINE
とくに「またLINEしてもいい?」というように控え目な口調でありながら積極的なLINEは、男性も心を揺さぶられてしまうこと間違いなし。
このようなかわいい甘えは男性にとっても嬉しいものです。

逆に、「明日も昼休みにLINEしたいな」というように、少し男性に無理させてしまうような甘え方は、忙しい男性なら重く感じてしまうことも。
男性に無理をさせないというのが重要です。


いかがでしたか。
こちらに紹介したポイントを好きな彼とのLINEに取り入れていくことで、もしかしたら彼も振り向いてくれるかもしれません。
ぜひ小悪魔LINEを自分のモノにしてみてくださいね!

(恋愛jp編集部)