喧嘩をすれば、誰だって感情的になってつい嫌なことを言ってしまうもの。
少しくらいなら可愛いものですが、行き過ぎるとその言葉は別れを決定づけるものになることもあります。
つい勢い余って、彼を傷つけるようなひどいことは言わないのが大切ですね。

今回は、男性が別れを決意するひとことについてご紹介していきます。

(1)「元カレの方が優しかった」

『それならどうぞ別れましょうってなりますよね』(27歳/営業)

どんなことがあっても絶対に言ってはいけないのが、元カレと今の彼を比較する言葉
しかも「元カレの方が優しかった」なんて言われたら、彼の怒りは頂点に達するでしょう。
むしろそんなひどいことを口にするなんて、すっかり呆れてしまう男性も多いはずです。

過去の人と今付き合っている彼を比較するなんて、何の意味もない話です。
しっかり今の恋愛と向き合っていないことが分かってしまい、その時点で別れを決意する男性は多いです。

(2)「付き合わなければよかったのかも」

『そんなこと言われたら仲直りしても元には戻らないでしょうね』(32歳/企画)

喧嘩で少し嫌なことを言うにしても、「付き合わなければよかった」などといった元も子もない言葉は絶対を避けるべき。
実際に付き合っているのにそんなことを言われても、彼は正直戸惑うばかりです。
簡単に今までのことを否定されて、ショックを受ける男性は多いでしょう。

元カレと比較するのと同じで、付き合ったこと自体を後悔するような発言にはまったく何の意味もありません。
そんな話を持ち出されて、彼はひたすらショックを受けるだけでしょう。

(3)「そんなんだから出世しないんだよ」

『頭に来たからって言っていいセリフじゃないよ』(28歳/商社)

全く別のことで喧嘩をしていたのに、彼の生活や考え方自体を否定するようなことを言うのも避けた方が良いでしょう。
特に仕事にかかわることを、軽はずみな気持ちで責められるのは彼に大ダメージを与えます。

仕事ができないことを責めたり、出世しないことを馬鹿にするような発言は、彼女としてあまりに配慮に欠ける言葉です。
冷静に考えてみれば、そんなひどいことを言われて彼がどう思うかはよく分かるはずです。

(4)男性もドン引きする汚い言葉

『どんなに感情的になっても男言葉だけは無理……』(27歳/通信)

感情的になるとひどい男言葉が出てしまう女性は結構多いです。
優しかった彼女からいきなり「ふざけんな!」「うぜえんだよ!」と罵倒されたら、彼はどう思うでしょうか?
普段のイメージとのギャップに、ショックの気持ちは止まらないはずです。

まるでヤンキーのように怒鳴り散らす汚い言葉は、喧嘩中だったとしても女性として言ってはいけないことでしょう。
品のない言葉を発する彼女の姿を見て、そのまま別れを考え始める男性は意外と多いものです。


いかがでしたか?
どんなに怒っていたとしても、相手の人格を否定したり、過去と比べる無意味な話を持ちだりするのはNGです。
このようなひどい一言は喧嘩をさらに泥沼化させるだけなので、絶対に使わないように気をつけましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む