流行の波は早いので、数年前に流行した服を「まだ着られる」と思って着ていると、おばさん扱いされてしまうかもしれません。
大流行した服は、まだ着られそうでも外に着て行くのは控えた方がいいかもしれませんね。

今着ていると時代遅れと思われるファッションを4つご紹介します。

(1)ドルマンスリーブ

『太って見えるし古い!おばさんが体型隠しに着ているイメージ』(28歳/広告)

ドルマンスリーブのトップスやカーディガンは、数年前に大流行しましたね。
モモンガのようなシルエットが可愛いうえに、二の腕もカバーしてくれました。
しかし実際は、体を大きく見せてしまうというデメリットも……。

今現在はドルマンスリーブのような形は時代遅れとなっています。
大流行したため、今となっては時代遅れ感が強く、クローゼットの片づけをするときに処分した方がいいかもしれません。

(2)ビジュー付きトップス

『安っぽくてダサい!アクセサリーをつけずに済ますところがおばちゃんっぽい』(30歳/コンサル)

首元にビジューがついたトップスもかつて流行しました。
ネックレスをつけなくても華やかになれるというアイテムでしたが、いつの間にか流行は過ぎ去ってしまい、時代遅れファッションに。

今思えば、ビジューは安っぽくてネックレス代わりにはなりません
ビジューよりもお気に入りのアクセサリーを付けた方が自分らしいコーディネイトになりますよね。

もしビジュー付きトップスがたんすに眠っているなら、部屋着にした方がよいでしょう。

(3)へプラムトップス

『印象的な形だから余計に一昔前のファッションって感じがする』(27歳/IT)

数年前に流行したヘプラムトップスも、今では時代遅れとなってしまいました。
ハイウエストで切り替えがあり、お腹をカバーしてくれるという魅力がありましたが、今着ていると古い印象があります。

まだ着られるのに……という人もいるでしょうが、流行したアイテムは流行が去ると着にくくなってしまいますね。

(4)花柄スキニー

『花柄ってどうしても「お母さん感」がある』(28歳/マーケティング)

無地のスキニーならいいのですが、かつて流行した花柄スキニーは今となってはちょっと恥ずかしいアイテム

流行した頃はみんな可愛いと思って履いていたはずなのに、流行が過ぎ去るとおばさんっぽくてダサいファッションになってしまいました。

花柄が好きな人は、ワイドパンツを選んだ方がよいでしょう。


女性のファッションの流行はあっという間に過ぎ去ってしまうことがあります。
せっかく買った服が定番化してくれたら嬉しいのですが、時代遅れになってしまうと出番もなくなってしまいますね。
新しい服を買ったときに、すっきりと断捨離した方がいいかもしれません。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む