今回は男性のハートをなんなく射止めることができる女性の気遣いに密着。
男性はどのような彼女の心遣いにグッとくるのでしょうか。
気になる詳細をさっそくみていきましょう。

(1)デートプランは一緒に企画する

『正直女性がどういう場所が好きとかよくわからないから、一緒にデートプランを考えて欲しいです』(28歳/不動産)

できることならデートは男性にリードしてもらいたい、と考える女性も多いのではないでしょうか。
しかし毎回デートプランを彼任せにしてしまうのはNGです。

「どこでもいい」「なんでもいい」ほど、男性を困らせてしまう言葉はありません。
たまには自分からも行きたい場所や食べたいものを提案して、デートプランはなるべく2人で考えるようにしましょう。

(2)ちょっとした手土産を用意する

『自分の好きなコーヒーを事前に買っておいてくれた時はキュンとしましたね』(31歳/IT)

一緒にいない時もお互いのことを思いやれるカップルは理想的」と考える男性は、非常に多いようです。

そのためドライブデートの際に、飲み物を事前に購入しておいたり、出掛け先で彼の好きなものを購入したり、といった気遣いを見せると◎!

こういったちょっとした手土産を持参するだけでも、彼の心はあなたで満たされるので、意識しておくといいかもしれませんね。

(3)プライベートを考慮してくれる

『たまには自分の好きなことしなよって言われた時は凄く嬉しかったです』(28歳/建築)

彼のことが大好きだからといって、いつも構ってもらおうとしていませんか?
たしかに構ってもらいたいという姿は、男性に「可愛い」と印象づけることができます。

しかし気遣いができる女性は、しっかりと男性のプライベート時間にも目を向けることができるのです。

好きな人が1人の時間や友達と過ごす時間を気にかけてくれたら、好感度はグンとアップすること間違い無し!

彼のプライベートを考慮するということも愛情表現の一環であることを意識して、自分の思いを伝えましょう。

(4)「ありがとう」をきちんと言える

『小さなことでもありがとうを言える女性は、気遣いができて素敵だと思います』(25歳/企画)

ありがとうを伝えることは、カップル間においても当たり前な行動です。
しかしちょっとしたことでも、感謝の気持ちを伝えることができる女性は、男性を心底安心させます。

「言わなくても伝わってるよね」と軽視してしまっている人は、感謝の気持ちを素直に伝えることを習慣づけるといいかもしれませんね。


たとえ交際期間が長くなっても、お互いを気づかう姿勢は大切です。
「当たり前」なんて思わずに、しっかりと彼を思いやる気持ちを表現しましょう。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む