LINEは離れているときコミュニケーションをとるために、なくてはならない存在になりつつあります。
しかし、カップルのLINEはマンネリ化してしまいがち。

マンネリなときに気持ちがますます離れるようなLINEを送ることは、できるだけ避けたいところですよね。
そこで、マンネリな彼の気持ちがより遠ざかる彼女からのLINEについてご紹介します。

(1)何度も同じことを質問する

『忘れるほど興味ないなら、聞かれなくていい(笑)』(25歳/販売)

彼との付き合いが長くなるほど、LINEの回数は増えていきます。
そのため、過去に聞いた質問を忘れ、同じことを質問してしまうこともあるようです。

女性にとってはただの間違いだったとしても、男性からすると自分に興味がないと思ってしまうことも。
そのため、些細なLINEのやりとりも内容を忘れないよう注意しましょう。

(2)しつこいLINE

『あんまりしつこかったら、ブロックしたくなるかも……』(24歳/通信)

男性はマンネリを感じると、ちょっとしたことで相手を鬱陶しいと思うようです。
特に、しつこいLINEには迷惑だと思うこともしばしば。
仕事中のLINEなどは、男性にとって邪魔に感じてしまうことがあります。

彼の気持ちが遠ざかる前に、普段相手の都合を考えてLINEをしているか振り返ってみましょう。
相手にとってしつこいと思われるようなLINEを送っていたら、マンネリ気味のときには控えることをオススメします。

(3)礼儀がない

『マンネリ中に礼儀のないLINEなんてきたら、こっちも無視だよ』(30歳/不動産)

親しき仲にも礼儀ありと言うだけあって、付き合いが長くなったからといって礼儀やマナーを忘れてはいけません
深夜のLINEや酔っ払ったときの用のないLINEは、男性を不快にさせることに繋がります。

そうした行動は、相手への思いやりが感じられず、気持ちが遠ざかってしまうことも。
マンネリを感じたときこそ、礼儀やマナーをしっかり考え、彼が惚れ直すような行動を心がけましょう。

(4)愚痴が多い

『女の子の愚痴は醜い……一気に冷めそうだなぁ……』(34歳/医療関係)

男性は女性の愚痴を嫌う傾向にあります。
特に、LINEでわざわざ愚痴を言われると不快に感じることも。
マンネリ気味のときにそうした性格の悪さが垣間見えると、彼の気持ちがますます遠ざかってしまうかも……。

そのため、愚痴は彼ではなく信頼できる友人や家族の前で話すことをオススメします。
女性の場合相談から愚痴に発展することもあるので気をつけましょう。


マンネリな彼の気持ちが遠ざかるLINEは、付き合いが長いからこそ気を抜いて送ってしまいがち。
日頃から相手への思いやりを忘れず、優しさが感じられるような内容のLINEを送ることが大事なのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)

LINE特集記事をもっと読む