1回Hすれば良い女性と、いつまでも愛される女性、これには決定的な違いがあります。
どれだけ女性としての魅力を磨いても、1回で捨てられる女性になってしまっては残念そのものです。

自分の魅力アップを図るなら、手放したくない女性をぜひ目指していきたいところ。
そこで今回は、1回で捨てられる女性と手放したくない女性の違いをご紹介していきます。

(1)1回で良い女性は都合が良い女性

『自分に合わせているばかりだと、一緒にいたいとは思えない』(27歳/公務員)

1回で捨てられる女性は、とにかく都合が良い女性に自分で成り下がっている傾向が強いもの。
いつも男性の都合に合わせて動こうとし、機嫌をうかがうようにふるまいます。
だからこそ男性の好きなように扱われてしまうんです。

恋愛におけるコミュニケーションで相手に合わせることは大切です。
しかし都合良く振り回されるのは違いますよね。
いつも相手に流されてしまうタイプの女性は要注意です。

(2)1回で良い女性は「マグロ」

『今後はもうないかな……と思ってしまう』(26歳/営業)

1回で捨てられることが多い女性は、早い話が男性を満足させることが下手なんです。
Hの時もいつもマグロで、基本的にはいつも相手にリードを任せっきりにしてしまいます。
いつもされるがままなので、男性からしてみれば面白くないんですね。

マグロ女は男性に嫌がられるタイプの一つ。
男性はまるで一人でHを楽しんでいるような感覚になります。
だからこそ「1回でいいかな」なんて思われてしまうんです。

(3)手放したくない女性は女性としての魅力が高い

『行為目的ではなく、傍に居てほしいなと思えます』(30歳/通信)

手放したくないと思われる女性は、やっぱりそもそも女性としての魅力が高いもの。
見た目の印象が良いのもそうですが、気遣いや優しさ、包容力など好かれるポイントが多いんです。
だからこそ「また会いたい」と彼を虜にしていきます。

一緒にいて心地良さを感じられる人とは誰だっていつまでも一緒にいたいものです。
自分のことを気遣ってくれるからこそ、付き合いにも楽しみが生まれます。

(4)手放したくない女性は自分を持っている

『きちんと自分を持っている人の方が魅力的』(26歳/製造)

1回で捨てられる女性が男性に流されがちなのに対して、手放したくない女性はやはりしっかりと自分を持っています
振り回されて自分を安売りするようなことはしません。
だからこそ男性も、相手の女性の話を聞いてみたくなったり、興味を持ったりします。

そして自分の意思や信念がある人は、人として尊敬できるもの。
人として憧れられる要素があるため、男性も自然と惹かれていくのでしょう。


いかがでしたか?
好きな人からいつまでも愛される女性になるなら、女性としての魅力を磨くこと、そして自分の意思を大切にすることが肝心です。
自分を安売りして男性に従うばかりでは、結局最後に損な思いをしてしまいます。

(恋愛jp編集部)