彼や好きな人とデート、ファッションやメイクなど完璧にして行きたいですよね。
しかし、頑張り過ぎてしまうと男性から「痛すぎファッション」と思われているかも。

そこで今回は、男がドン引く「痛すぎファッション」を、紹介していきます。

(1)若作り

『顔と服が合ってないの気付かないのかな?』(31歳/SE)

女性は何歳になっても、若く見せたいと思う気持ちがどこかにありますよね。
しかし、20代の女性が10代の服を、30代の女性が20代の服を着ていたら痛いもの。
もちろんメイクも同じ。

若く見せる工夫をすることは悪いことではありません。
ただ、年齢に合っていないファッションをすれば、若作りと思われても仕方のないこと。

若く見せるではなく、自分を綺麗に見せるファッションを選ぶようにしましょう。
自分世代のブランドを参考にすると、年齢に合ったファッションが分かりますよ。

(2)ブランドで固める

『頑張ってる感がですぎるよね。似合ってるならいいけど、大抵似合ってないからね』(29歳/金融)

ブランドのファッションは、女性の憧れがありますよね。
もちろんブランドで固めることは悪いことではありません。
それがその人に合っているかどうかが問題。

着なれないブランド品であれば、どうしても浮いて見えるもの。
そうすると、頑張ってる感が出てきて男性はドン引き。

例えば、分かりやすくロゴが入っているものを全身に纏っていると、頑張っている感がでます。
盛りすぎず、引き算でコーデを考えてみましょう

(3)露出

『アピールが強すぎてマジ引く』(33歳/商社)

男性目線を考えて露出し過ぎたファッションをしていませんか?
もちろんある程度の肌見せは、色気を出すためには大事。
しかし、露出は下品に見え、大人女性からはかけ離れたファッションになります。

特に彼女がそのようなファッションをしてくれば、他の男性からジロジロ見られるので嫌です。
恥ずかしくて一緒に歩きたくないとドン引きされているかも。

見えすぎても色気はなくなるもの。
肌見せと露出の境界線を考えながら、コーデしてみましょう。

(4)季節が合っていない

『寒そうな格好で来る人、見てるほうが寒いよ』(26歳/アパレル)

お気に入りの服を着てデートに行きたいと思うのは当然のこと。
しかし、季節感を無視しては意味がありません

冬なのに薄手の服で寒そう、逆に夏なのに暑そうな服を着ているなど。
季節感を無視したファッションは、いくらお気に入りの服だとしても、痛いファッション。
男性から可愛いと思われることはありません。

やはり、季節に合った服装をすることが大事
たとえお気に入りの服を着ていても、彼は気付いてくれませんよ。


ファッションは、自分に合った服を選ぶことが何よりも大事です。
デートに出掛ける前に、姿鏡で今一度自分のコーデをチェックしてみましょう。
自分を綺麗に見せてくれる服を選ぶようにすると、間違いませんよ。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む