「せっかくデートでできたのに2度目が誘われない」なんてことがあります。
期待していたとなるととてもショックだし、何でなのか考え込んでしまいますね。
今回は男性に嫌われるデート中の「NG行動」をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)露出が多い

『好きな子の肌を別の男に見てほしくない』(29歳/広告)

肩出しやミニスカなどといった露出の多いファッション
男性ウケを狙ってのセレクトであっても、デートのときはやめた方がよさそうです。
なぜなら他の男性にも露出した肌を見せていることになるから。

女性目線では「ただのファッション」と思っても周囲の男性はそう感じないというギャップはよくあること。
大好きな相手であるほど、男性は女性の行動に「嫉妬心」を感じてしまうでしょう。
今後もその嫉妬心と向き合い続ける覚悟ができない限り、次のデートに誘わなくなってしまいます。

(2)携帯をいじってばかり

『俺とのデートの時間より、SNSの更新の方が大事?』(30歳/飲食)

お店で出てきた食事やデート先の風景を、携帯で写真に撮ることはありませんか?
手軽に思い出を記録することができてワクワクしますね。
ところがその後の行動に注意

そのままSNSに投稿しようとすると、男性はせっかくのデートの雰囲気を中断された気分になってしまいます。
またLINEを返信したり、誰かのSNSをチェックする時も、男性に断りを入れてから行いましょう。
何も言わずしょっちゅう携帯をいじっていると、案外他人には冷たく映るものです。

(3)優柔不断

『なんでもかんでも僕任せにされるとさすがに疲れる……』(32歳/建築)

男性が「この女性とデートしたくない」と感じるのは、デートに疲れてしまった時
ではどんな時に疲れるかというと、優柔不断な女性が男性にすべて決めさせる時です。

通常、デートの際は男性がリードしようとしてくれるもの。
これを「当たり前」と思って任せきりにしてしまうと、男性はずっと気を張る必要がでてしまいますね。

受け身になりすぎず「男性を肯定する」とか「2~3個の選択肢を提案する」などしましょう。
それだけでも男性はずっと負担が減ります。
男性に希望を聞かれた時はとくに答える必要のある場面です。

(4)「ひとこと」がない

『些細なことかもしれないけど、お礼や挨拶ってやっぱり大事だと思う』(30歳/マーケティング)

何も悪い点がなかった気がするのに、なぜかデートのあとに男性に避けられてしまう……。
そんな時は、痒い所に手が届くような「ひとこと」が不足していたのかもしれません。

「お疲れさま」「ありがとう」「嬉しい」「助かります」「楽しい」。
こういった何気ない「ひとこと」は言葉にするだけで会話が弾みます

逆に会話が弾まない場合というのは、要件ばかりに集中して何気ない「ひとこと」が言えていないことが多いです。
自分の気持ちや、彼への労わり、そして挨拶。
これらが自然とできることで、男性も長く付き合い続ける未来を想像しやすくなるでしょう。


彼とのデートを振り返って、当てはまることはありましたか?
もしある場合、次から気を付けてみることで何かが変わるかもしれません。
相手の立場に立って考えることは円満の基本といえますね。

(恋愛jp編集部)

カップル記事をもっと読む