今回は、大好きだからこそ届く彼からの愛情いっぱいのLINEを大公開。
気づいていないだけで、彼はしっかりとあなたに大好きのサインを送っているかも?
どんなLINEが彼らの愛情表現なのか、さっそく詳細をみていきましょう。

(1)「危ないから迎えに行くね」

『好きな女性が夜出歩くのは心配だから、デートの際は相手の近場で待ち合わせをする』(33歳/営業)

夜道や悪天候などの際は、少しでも彼女に負担をかけまいと迎えに行こうとする男性が多いようです。
「危ない思いをさせたくない」「怖い思いをさせたくない」という思いがたくさん詰まっているので、まさに愛情。
彼がこういった気遣いを見せてくれる場合は、あなたが大好きで仕方がないのかもしれませんね。

(2)忙しくてもちょっとした空き時間にLINEをくれる

『大好きだと昼休みやちょっとした空き時間でもLINEしたくなりますね』(30歳/不動産)

忙しさや睡眠不足等でついつい連絡をするのが面倒くさくなってしまうことってありますよね。
しかし、大好きな相手とはたとえ自分の貴重な休憩時間を割いてでもLINEをしたいと思うもの。
たとえ素っ気なくてもしっかりとLINEがくるようなら、不器用な彼なりの精一杯の愛情表現なのかもしれませんよ。

(3)「〇〇が好きな△△あるけど買ってく?」

『喜んくれると嬉しいから彼女の好きなお菓子や飲み物があったら、いるかどうか聞いちゃいます』(23歳/広告)

自分の好きなものだけではなく、彼女の好きなものにまで目を向けることができるのはその人のことを想う気持ちがあるからこそ!
こんなLINEが飛んできたら、あなたを想う気持ちは100点満点だといえるでしょう。
このような場合は、素直に甘えるとより彼の心をグッと引き寄せることができますよ。

(4)「今度の休日〇〇行く?」

『めんどくさがり屋な自分も、好きな彼女のためとなれば色々なところに行きたくなる』(27歳/企画)

男性は基本的にめんどくさがり屋な人が多いです。
実際に「休みの日ぐらいゆっくりしたい」「どこも混んでるから疲れる」といった声は多く、出不精に拍車はかかるばかり……。

しかし、大好きな彼女のためとならば話は別です。
たとえ疲れが溜まっていたとしても、彼女の喜ぶ姿を見たいがために積極的に外出を計画することでしょう。
彼が自分の口からデートを提案してきた時は、あなたへのラブサインだと思って素直に甘えてみてはいかがでしょうか?


彼からの大好きサインは、LINEからも見ることができます。
今回紹介した例はまさにあなたへの愛情が溢れているからこそ届くLINEだと言っていいでしょう。
彼から届いた大好きサインを見逃さないようにして、2人の仲をさらに深めていけるといいですね。

(恋愛jp編集部)