恋を勝ち取るためには様々なテクニックが効果的。
でも、やり方によってはむしろ男性に「勘違いした女」と思わせてしまう事もあるようです。
今回は男性が思う「勘違い仕草」をまとめてみました。

(1)ボディラインを強調

『あからさまだと、その狙っている感に引いてしまう』(30歳/福祉)

女性の武器ともいえるボディライン。
バストやクビレ、ヒップを強調することで思わず反応してしまう男性は多くいます。
そのため「伸び」や「髪を結ぶ」などといった仕草を意図的に行う女性もいるのではないでしょうか。

ところがこれは行き過ぎると「痛い」と思われてしまうようです。
あからさまに体を強調した服で何度もこれらの仕草をする。
または、不自然な流れで強調する動きを見せつけるなどには、さすがに男性も勘付いてしまいます。

(2)ボディタッチ

『やりすぎると逆効果だということに気付いてほしい』(27歳/公務員)

男性を落とすためには「ボディタッチ」が効果的。
ところが、あからさまなボディタッチはただの「セクハラ」にしか見えません。
では「ボディタッチ」と「セクハラ」にはどんな違いがあるのでしょうか?

まず「ボディタッチ」は自然な流れで触れるのがポイント。
あくまで一瞬触れて意識させたり、わずかに触れる程度です。
また、「ボディタッチ」以外の要素でも男性を惹きつけるのが大前提でしょう。

「セクハラ」になってしまう場合は、執拗に触れたりすることです。
何度も触れたり、不自然に触ったり……。
あまりに「狙ってます」という気持ちが伝わりすぎると男性はむしろ逃げてしまいます。

(3)男性をおだてる

『褒められることは嬉しいけれど、おだてられるのはそれとは違いますよね』(26歳/製造)

褒め上手な女性は男性に好かれやすいという話を良く聞きませんか?
それを実行するのは、恋愛を有利に進めるためには重要。
ところが、行き過ぎると逆効果になってしまうこともあります。

何でも「凄い!」「カッコいい!」「素敵!」と褒めることを男性は求めていません。
話の内容を適切に理解し、くみ取ろうとしてくれる女性に魅力を感じるのです。
無理に男性をおだてれば「軽率」な印象を与えてしまう可能性がありますよ。

(4)酔ったアピール

『自分を管理できないのかな……という印象』(32歳/SE)

酔ってほんのり顔が赤くなった女性はとても可愛いですね。
時には酔った勢いで恋愛が進展することも。
人によっては「酔った」ことを理由に大胆な行動に出てしまうことだってあるようですね。

男性目線でこの「酔った女性」はどう映るのでしょうか?
そもそも好きになっている女性であれば「可愛い一面」に映るかもしれません。
でも、気がない女性からの酔ったアピールは「自制心がない」という結論に至ってしまうようです。


いかがでしたか?
ちょっと胸に刺さるような内容もありましたね。
「モテ」は知識から導き出すことが十分可能なので、ぜひ他の恋愛記事も見て参考にしてみてください。

(恋愛jp編集部)