体目当てで近づいてくるなんて「安く見ないで!」と罵声を浴びせてやりたいですよね。
でも男性が体だけの女認定した女性に無意識でやってしまうことがあるのなら記憶しておきたい。
今回は男性が無意識に体だけの女にやってしまうことについてお伝えします。

(1)なめられる

『無理なことは無理だと、きちんと断るのが大事だと思う』(25歳/アパレル)

気になる男性の言うことなら何でも聞く女性は危険信号。
プライベートの時間に言いなりになっているだけならまだましです。

しかし仕事中や人と会っている時もとなると事態はかなり深刻。
男性を優先しすぎていると大切な友人や仕事を失うかもしれません。

また女性を格下に見ているので、「来てくれなきゃもう会わない!」といった自分勝手なことを言います。
そんなことにいちいち付き合っていると、他の人との信頼関係もなくなっていきます。
彼しかいなくなって頼り始めたころに冷たく突き放され、関わりがなくなるのが目に見えています。

今まで大切に築いてきたものを自分から壊さないように、そんな男性とは早く縁を切りましょう。

(2)体をなめまわすように見てくる

『全く色気がないような服を着ていくなど、対策します』(26歳/公務員)

胸から足までじっくり何度もなめまわすように見てくる男性がいます。
無意識だろうけれど、目の前で見てしまった視線の動きはただただ気持ちが悪いです。

「適当に口説いてやれたら最高!」と思っているので相手にしないことです。
こんな男性の前では間違ってもピチピチの体のラインがでる服を着てはいけません。

相手は悪気なく無意識でやっていることなので女性も対策をしましょう
見られるのが気持ちわるいと言いながらピチピチの服を着て興奮させるのは本末転倒、あなたにも責任があります。
無意識に最低行動をさせないようにしてあげることも大切ですよ。

(3)女性からの連絡に返信が少ない

『自分の都合の良いように扱われてるなと感じるので、距離を置きますね』(26歳/金融)

いつも彼から「会おうよ!」と連絡があるけれど、女性からの連絡には応じてくれない。
それは都合のいい女扱いしているということです。

しかも無意識なので最低極まりないですよね。
惚れた弱みでついつい彼からの連絡には応じてしまう。

だからそのスタイルが彼にとってみれば当たり前になっているのです。
どうせ返信しなくても距離を置かれることはないと高をくくっています。

ぎゃふんといわせられればいいのですが、なかなかそうもいかずズルズルと続けちゃうんですよね。
でもどこかで終わらせないといつまでも利用されますよ。

自分のために頑張って終わらせてください。
そしてステキな彼氏をつくり、本当の愛を知って幸せになりましょう。

(4)エッチを拒まれると豹変する

『怖い、の一言に尽きます。関わりたくないです』(29歳/講師)

体目当てで近づいてくる男性にありがちなのが急に態度を豹変させること。
女性の好意には気づいているので、拒まれないだろうと踏んでいます。

しかし実際には拒まれ、かっこ悪くプライドがズタズタに。
その反動で急に怒り出したりするのです。
女性は恐怖でしかないですよね。

いったんプライドをズタズタにされたのをなかったことにするため、恐怖で黙らせて無理やり襲われることも。
そんな男性に我慢することも怯えることも、ましてや体を許すことをしなくてもいいです。
むしろ絶対しないでください。


惚れた弱みにつけこんで男性はどんどん利用してきます。
それも無意識というたちの悪さ。
大事にされていないことに早く気づいて、辛くても彼から離れる覚悟をしましょう。

(恋愛jp編集部)