今回は男性がキュンキュンするだめかわLINEに徹底密着しました!
「ダメなところが可愛い」なんて思ってもらえるLINEとは、一体どのような内容なのでしょうか。

さっそく彼らの本音を一緒に覗いていきましょう。

(1)「料理作りすぎちゃった」

『料理作りすぎちゃった……なんて言われたら可愛いし、家に行ける口実になるから嬉しい』(25歳/公務員)

家庭的な一面をアピールしつつ、自然と家デートの口実にもなる「料理作りすぎちゃったLINE」は男性から大好評!

ハンバーグや煮物といった定番料理が大人気なので、彼の胃袋を掴みたい人はぜひ送ってみましょう。

(2)「パソコンの調子が悪いから見に来て欲しい」

『機械オンチな女性は可愛いと思ってしまいますね』(29歳/IT)

一人じゃ何にもできない……なんて女性は男性から煙たがられてしまいますが、機械オンチな女性はなぜだか男性から絶賛の嵐。

頼られている感じがたまらない」「可愛いから見てあげたくなる」という声がたくさん届いているので、大好きな彼と急接近したい人は活用してみるといいかもしれませんね。

(3)「デートが楽しみすぎて眠れない」

『デートが楽しみすぎて寝れないって可愛すぎでしょ』(29歳/飲食)

デート前日は、胸の高まりが最高潮に達している段階。
なかには楽しみ過ぎて眠れない、という人も多いのではないでしょうか。
そんな時は、その気持ちをそのまま彼に伝えましょう

素直な女性は男性から好まれる傾向にあるので、そんな可愛らしいLINEはデート当日の気分も盛り上げてくれることでしょう。

ただしそこからダラダラとLINEを続けるのはNG。
迷惑がられてしまっては、デート当日にヒビが入る可能性もあります。
彼が気づかってきても短い時間で終了させて、明日のデートに備えましょう。

(4)わからないことはスタンプでごまかす

『前から言っていたことを彼女が忘れていたときイラッとしたけど、可愛いスタンプがきてほっこりしてしまった』(31歳/不動産)

気持ちをうまく表現できない時は、スタンプを活用するのもベストな選択です。
たとえおっちょこちょいな一面があったとしても、そのスタンプ1つで男性をクスっとさせることは十分に可能。

くまやうさぎ、猫などを始めとする愛らしい動物のスタンプで、その場をなんなく乗り切っちゃいましょう。


「おっちょこちょいだなぁ」で済むようなLINEは、男性の心を大きくくすぐるようです。
ただしおっちょこちょいの度合いが大きいと、面倒くささが勝ってしまうので要注意!
ちょうどいいバランスを保ってだめかわな一面をアピールし、彼の心を射止めましょう。

(恋愛jp編集部)

LINE特集記事をもっと読む