男性はどのような時に女性の手を繋ぎたくなるものなのでしょうか?
手を繋ぐ行為にはさまざまな心理が含まれており、手を繋いだから単純にこうに違いない、というようなことはいえません。

ただある程度パターンがありますので、どのようなケースがあるのか説明します。

(1)相手をリードしたい

『自分がこの子を引っ張っていってあげたいなって思った時に、手を繋ぐことが多いかもしれません』(31歳/IT)

相手をリードしたいという気持ちが強い男性は、少しでも早く密な関係を築きたいと思っています。

リードするぞ、という気持ちが手を繋ぐという行為に現れるのです。
リードしたい男性は気持ちが積極的なので、すぐに手を繋ごうとしてきます。

ただ女性のすべてがリードされたいわけでもありませんよね。
リードされたくないなら、この人はリードしたい人なんだと思ったらはっきりと断るべきです。
一度相手のペースに飲まれると、主導権を握られっぱなしになってしまいます。

(2)一緒にいたい

『好きで好きでたまらなくて、ずっと一緒にいたい!って思って、離れないように手を繋ぎます』(28歳/SE)

単純に好きだから一緒にいたい。
一緒にいたいという気持ちを表したいとあれこれ考えた結果、手を繋ぐという行為に至るということは珍しくありません。

あまり恋愛経験のない人に多いケースです。

だからリードしたい女性ならチャンスなので、手を繋いできたら逆にぎゅっと握り返すくらいしてみましょう。

(3)脈ありなのか確認したい

『手を繋いでみて、嫌そうじゃなかったらちょっと自信がもてる』(30歳/公務員)

男性は気になる女性と仲良くなると、実際自分のことをどう思っているんだろう?と考えるものです。

話をしてみるだけでは気持ちがわからないので、手を繋いで反応を確認したいというところでしょうか。

相手の気持ちがどうなのかというのは、話をしているだけでは本当にわからないものなのです。
手を繋いで相手の体に触れているだけで安心感がありますからね。

(4)単にエッチなことがしたい

『ちゃんと段階踏んで距離縮めないとエッチまでたどり着けないから』(32歳/マーケティング)

すべての人が、というわけではありませんが、男性は好きな人じゃなくてもエッチができる生き物です。
だから手慣れている男性ならば手を握るところから徐々に距離を近付けてきます。

たしかに手を握ったからからといって即エッチというわけでもありません。
ただ気を許せば手を繋ぐところからハグやキスと激しくなっていくはずです。
だから軽そうな男性が手を握ってきたら、注意しましょう。


男性が手を繋ぎたくなる時の気持ちについて説明しました。
好きな男性が手を繋いできたら、好意の証なのでそこから存分に仲良くなってください。
ただ中にはエッチなことしか頭にない人もいますので、注意してくださいね。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む