女性のファッションには男性が理解できないアイテムもあります。
あなたがせっかくオシャレしても、彼は「どこがいいの?」「似合ってない」と思っているかもしれません。

しかし、男性は「恥ずかしい……」と思ってもなかなか言えません。
今回は、男性が「彼女に言えないけど本当はやめてほしい」と思っているコーデをご紹介しますので、ぜひあなたも自分のファッションを見直してみてくださいね。

(1)全身まっ黒

『なにかの儀式のような……ガラも悪いしほんとは嫌だな』(31歳/営業)

引き締まった体型に見えるよう、黒を多用していませんか?
コーデの一部ならいいのですが、デートのたびに毎回オールブラックコーデだと、彼は「もっと明るい色の服を着てほしい」と思っているかもしれませんよ。

冬ならまだしも、夏まで全身黒のコーデでは暑苦しく感じます。
これに黒の日傘をさせば、彼は「お願いだからやめて」って思っているかもしれませんね。

(2)肌を露出するコーデ

『ちょっと見えるくらいならいいけど、胸元まで下がるようなオフショルとか他の奴に見られるからやめろよって思う』(26歳/歯科医)

男性は自分の彼女に露出が多いファッションをしてほしくないと思っています。
自分が見るのはよくても、他の男性に彼女の肌を見せるのは嫌だからです。

しかし肌見せファッションをやめてほしい理由はそれだけではありません。
肌を露出することで、背中の産毛など見せない方がいいものも見えてしまうからです。
恥ずかしいからやめた方がいいのに……と思われていますよ!

(3)アニマル柄

『彼女がヒョウ柄のトップスとか、恥ずかしくて一緒にあるきたくないかも』(30歳/インテリア)

ゴージャスなイメージのアニマル柄は、男性ウケがあまりよくありません。
男性にとってヒョウ柄は、「大阪のおばちゃんを思い出す」「派手な印象」という人が多く、彼女に着てほしくないアイテムとなっています。

女性には魅力があるアニマル柄ですが、デートでは着ない方がよさそうですね。

(4)どこにでもハイヒール

『動物園デートだよってわかってるのにハイヒールで疲れたって……正直イラつきます』(27歳/営業)

履くだけでコーデを一気に女性らしく見せてくれるハイヒール。
可愛いのですが、長時間歩くと足が痛くなるのが難点ですよね。

彼に可愛く見られたくて、デートではいつもハイヒールを履いていませんか?
しかし、いっぱい歩く遊園地デートや自然の中でのハイキングデートでは、疲れにくいスニーカーやフラットシューズが適しています。

場所にそぐわない靴を履いてきて、すぐに「疲れた」「歩けない」と言ってしまうと彼はイラっとしていますよ!
行き先は前から決めていたのだから、どこにでもハイヒールを履いてくるのはやめてほしいと思われてしまいます。


彼女のファッションにガッカリしても、男性は口出ししにくいものです。
デートで彼に「可愛い」と思ってもらうためにも、彼の好みや嫌いなファッションは知っておきたいですね。
彼を喜ばせるためにも男性がやめてほしいと思っているコーデはできるだけデートに着て行かないようにしてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)