家に帰るまでが遠足というように、デートも家に帰るまで、そして別れた後のLINEまでです。
デート後に魅力たっぷりの可愛いLINEを送ることができれば、確実に次も彼からは誘ってもらえるはずです。
彼と別れた後は、また誘われるための素敵なLINEを送れるよう心掛けましょう。

今回は、彼がまた誘いたいと思うLINEについてご紹介していきます。

(1)お礼を可愛く素直に伝える

『デート帰りに別れた後で今日はありがとうってLINEが来るとホッコリする』(31歳/企画)

まず忘れてはいけないのが、女性らしく丁寧で、そして可愛らしいお礼です。
素直にお礼が言えない女性は間違いなく好かれません。
傲慢な女性だと思われないように、「今日はありがとう!」と無邪気な感じでお礼を伝えてください。

素直にありがとうといえる女性は、それだけで男性にとっては魅力的に思えたりします。
そのありがとうの一言が聞きたくて、つい積極的にすぐ次の話を始めてしまう男性も多いかも。

(2)「カッコよかったよ」と褒める

『スノボしに行った帰りにLINEでかっこ良かったなってきた時は嬉しかったな』(26歳/営業)

二人きりの大事なデートですから、彼のことは素直にしっかり褒めるのが肝心。
LINEだからこそ「カッコよかったよ」という少し照れくさい言葉も言えるでしょう。
その日のデートで、彼のどんなところが素敵だったのかを伝え、それを褒めることが大切です。

そんな素直な褒め言葉のLINEをデート後にもらって、嬉しいと思わない男性はいません。
舞い上がってますます相手を意識してしまうことでしょう。

(3)一番楽しかったことを伝える

『映画好きなのが今日のデートでわかりました』(31歳/飲食)

ただ「楽しかったね」「素敵な日だったね」と抽象的に感想を伝えるのはNG
お世辞で言っている感がありありと出てしまうため、感想は具体的に伝えるのがポイントです。

特に一番楽しかったこと、一番嬉しかったことについて触れるのは大切です。
それが結果として、男性にとっては相手の好みを知ることに繋がったりもします。
具体的に感想を伝えられれば、それはよりデートを楽しんだことの証になります。

(4)次のデートの話にも触れる

『次はどこ行こうって彼女から送られてくると盛り上がりますね』(29歳/販売)

やっぱり大事なのは、今後のことについて触れる言葉。
次について明言してもらえれば、彼としてもデートに誘いやすくなります。
しかもこの言葉も、上のように具体的に伝えられるのが良いですね。

「次ももっと仲良くなれそうだね」「今日話してた〇〇にも行きたいね」など、言い方に工夫があると良いでしょう。
「また次も行こうね〜」といったシンプルな言葉だと、社交辞令に見えてしまう場合があるからです。


いかがでしたか?
デート後に丁寧で素直なお礼LINEをもらえれば、男性は誰だって舞い上がってしまうもの。
そういった細やかな気遣いが自分の印象をアップさせ、再びデートに誘われるきっかけを作っていくんです。

(恋愛jp編集部)