大好きな彼とイチャイチャするとき、受け身だけになってはいませんか?
そうだと感じる女性は、もっと彼に積極的に攻めていく必要があるでしょう。
「でも、どうしたらいいかわからない」という人も多いはず。

でも彼には喜んでもらいたいですよね。
ここでは「彼氏が気持ちよさに悶える耳攻めの方法」について紹介していきたいと思います。

(1)耳付近で囁く

『彼女に耳元で囁くように名前を呼ばれたときはやばかった』(28歳/商社)

耳は攻めていくプロセスのなかで、敏感な部分
みなさんも、耳元でゾクッとした経験はないですか?

「耳を舐めたりするのがまだ恥ずかしい……」
という女性は、彼の耳元で囁くことから始めるのがオススメ。

優しく、小さな声で囁きましょう。
ハグをしながらでもいいですよね。
きっとあなたの声と混じる吐息に、ドキドキするはずです。

(2)耳の外側

『耳の外側に沿って舐められるとゾクゾクする!』(31歳/IT)

軟骨部分である、耳の外側を攻めるのもオススメです。
舌で耳のラインをなぞるように舐めたり、甘噛みしてましょう。
舌は力を抜いた状態で、柔らかくして舐めるのがコツ

甘噛みは、名前の通り、優しく甘めに噛むことをいいます。
強めに噛むと痛みを感じるので要注意
しかし時々すこしだけ歯を立てて、カリっとしてみるのもいいでしょう。

(3)耳たぶ

『耳たぶ噛まれるのたまらない!音が響くから興奮する』(33歳/不動産)

耳たぶは耳の中で、もっともやわらかい部分。
なので舐める側も気持ちいいはずです。
まずは彼の耳たぶを、ハムハムとして感触を楽しんでみましょう。

ハムハムするだけじゃなく、耳たぶから上へ向かってそっと舐めあげるのもよいですね。
そしてわざと音をたててチュっとしてみるのもオススメ。

耳は音に敏感なので、耳元で鳴る音には体が反応します。
それがエロチックな音なら、なおさらでしょう。
いろいろな攻めかたをされて、きっと彼はあなたの耳攻めにやみつきになること間違いなしです。

(4)耳の裏

『彼女に耳の裏まで攻められた時、最初はびっくりしたけど気持ちよくて最高だった』(30歳/医師)

耳の裏は見落としがちな部分かもしれません。
「まだ舐めたことがない!」という女性もいるのではないでしょうか。

しかし耳の裏はぜひ攻めて欲しいところ。
意外と敏感な部分でもあるからです。

耳の裏から根元をそっと口づけしながら舌も這わせましょう。
そして徐々に首筋に移動していくのもいいですね。
少しレベルが高いように思えますが、彼を喜ばせたいならオススメです。


いかがでしたか?
耳を攻めるだけでも、彼の燃え上がり度が変わるはず。
きっとそのあとのイチャイチャにも火がつくことでしょう。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む