付き合いが長くなるにつれて、相手にときめくことが少なくなってきた……ということはありませんか?
もしかすると、男性も同じように感じているかもしれません。

しかし、いつまでも愛されたいのが女心。
彼にももっと好きになって欲しいですよね。
そこで今回は、男性がますます好きになる「女性の仕草」についてまとめてみました。

(1)美味しそうに食べる

『美味しそうに食べる子だったら、食事もたのしくなります』(32歳/不動産)

ダイエット中や大食いだと思われると恥ずかしい、という理由であまり食べないようにしているという女性もいるかもしれません。
しかし、女性が美味しそうに食べる姿に「可愛い」と、ときめく男性も多いそう。
女性が幸せそうに食べる姿を見ると、彼女が喜んでくれてよかった!と男性も嬉しくなるのです。

逆に、せっかく食事に誘ってもあまり食べず、料理に対しての反応も少ないと「口に合わなかった?つまらない?」と男性は不安になってしまいます。
彼と食事をする時は、なるべく美味しそうに食べると、彼に喜んでもらえますよ。

(2)髪を結ぶ

『ラーメン食べる前に髪を結ぶ姿にどきっとする♡』(22歳/販売)

髪を結ぶに限らず、髪を耳にかけたり、結んでいた髪をほどいたり、髪に関する仕草が好きな男性は多いです。
髪を結ぶことで、首筋やうなじなど普段隠れている部分が見えることに色気を感じるそう。
また、髪の毛というと女性ならではのイメージが男性には強くあり、髪を触るという仕草は「自分にはないもの」として、ドキドキしてしまうようです。

(3)上目遣い

『ふと、されるのがすごくカワイイ』(28歳/美容師)

上目遣いというと、昔から「モテテク」として挙げられる仕草ですよね。
さすがにもう男性に効果はないのかと思いきや、まだまだ効果あり!可愛いと感じるようです。

男性は女性よりも身長が高い方が多く、日常的に女性からは見上げられることが多いため、上目遣いに女性らしさを感じるのかもしれません。
しかし、上目遣いもあからさまなものは逆効果。
あくまで自然な感じを心掛けましょう。

(4)自然なボディタッチ

『何回もされると、もういいから……って思う(笑)』(33歳/広報)

自然に手をつないだり、さりげなく相手に触れたりと、女性から近づいてくる仕草に男性は嬉しく思います。
特にさりげないボディタッチは「恥ずかしいけど、触れたい」という女性の気持ちが伝わり、男性は「可愛い」とたまらなくなるのです。
ただ、上目遣いと一緒で、ボディタッチもやりすぎると「下品」などと感じる男性もいるため、注意が必要です。


いかがでしたか?
彼との関係が少しマンネリ気味に感じる時や、彼にもっと愛されたい方は、ぜひ試してみてください。

しかし、やりすぎは禁物。
あくまで「自然」を意識してくださいね。

(恋愛jp編集部)