大好きな彼を大きな愛情で包み込んであげましょう。
男性が思わず甘えたくなるのはそういう女性です。
では甘えてもらうにはどんな女性になればいいのでしょうか

(1)精神的に自立している女性

『相談しやすい雰囲気がある』(25歳/企画)

精神的に自立している女性は男性から頼りにされます。
悩み事を相談してくれるようになるでしょう。

あまり話したくない仕事の話も話してくれるようになればあなたはかなり信頼されています。

反対に、精神が不安定で自立していない女性に悩み事を話したいという気持ちにはならないものです。
信頼関係も築けません

(2)触れ合って癒し合える女性

『イチャイチャとはちょっと違うんだけど幸せな時間だね』(28歳/広告)

頭を撫でたり、膝枕したり……。
寝転んでいるときには胸元に顔をうずめてギュッとされる♡
などのシチュエーション、女性だけの特権だと勘違いしていませんか?

そういう思い込みがあるから、男性はなかなか女性に心を開けないのです。
甘えていってひかれたら嫌だし、嫌われないように男らしく……。

でも男性は心を許せる彼女には、女性より甘えたい生き物かもしれません。
「男性とはたくましくあるべき!」なんて言ってないで、思う存分甘えさせてあげましょう。

(3)基本的には彼氏の味方でいる女性

『いつでも僕の味方でいてくれるから安心できる』(31歳/映像)

常識やマナーであれば正解や不正解が明確ですが、それ以外に関してはあまり明確な線引きがないような気がします。

人として優れているか劣っているか、お互いの価値観の違いなどで、彼の正解があなたの不正解になることがあります。

なので、常識として過ちがあれば彼女として指摘。
でもそれ以外は彼の味方でいることで彼はあなたに甘えやすくなっていきます。

甘やかしてくれるところは甘やかしてくれ、指摘すべきことは指摘してくれる。
だから指摘されていても嫌な気がしません。
お互いに指摘するところはして認め合うので人として成長もしていくでしょう。

(4)友達のようなノリでふざけられる女性

『友達であり恋人でありってのがいいのかも』(27歳/証券会社)

友達よりも彼女に会いたい!
そう思うのは彼女が友達の役割も果たしてくれるから。

下ネタにもノリノリで、ふざけたノリが大好きな彼女と一緒にいることが彼は楽しくて仕方ないのです。

彼氏が友達ばかり優先する……。
この男性はきっと彼女が満たしてくれない部分を友達と満たしているだけです。

彼女には彼女としての癒しの役割があり、友達には友達の癒しの役割がある。
その求める癒しの比重が残念ながら友達に傾いてしまっているのでしょう。

だからこそ!あなたが友達の役割を担うのです。
癒しにもたくさんの種類があります。
いろんな癒しを彼に与えれる女性はとても魅力的!彼もゾッコンになっちゃいます。


女性に心底甘えたくなるには「彼女には甘えても大丈夫!」という信頼がないといけません。
あなたが甘えさせ上手になるのです。
男性はあなたを簡単には手放せなくなるでしょう。

(恋愛jp編集部)