男の理想の「居心地のいい女の子」になる方法
男性にとって理想の女性といえば、一緒にいて居心地のいい女性です。
では何をすれば居心地のいい女性になれるのでしょうか。
男性に居心地のいい1人の女の子だと思わせる方法をお伝えします。

(1)話をしっかりと聞く

『話をしっかり聞いてくれる人は安心できますね』(26歳/証券会社)

会話は居心地のよさの核となる欠かせないコミュニケーションです。
男性の話はしっかりと聞いてあげましょう。
男性は話を聞いてくれるだけで、ほっと一安心できるからです。

特に愚痴や悩み事に真剣に向き合ってくれる女性に対しては、最高に居心地のよさを感じるものです。
だから男性が何かを話したそうであれば、それとなく何が話したいのか聞いてみましょう。
何でも聞いてくれる女性のことが嫌いな男性なんていません。

(2)束縛しない

『大抵のことは大人なんだからって放任されるくらいが居心地いいですね』(29歳/サービス)

束縛をしない女性に対しては、ストレスを感じないものです。
何かとあれをしてはいけないとか、これをしてはいけないと注意されるとストレスですから。

束縛をしようとせず、1人の男性として向き合ってくれる女性に対して居心地のよさを感じます。
だからつい男性の行動にあれこれ注文をつけてしまいそうな方は、何もいわないようにしましょう。

(3)ワガママに付き合ってあげる

『ありのままの僕を受け入れてくれる存在が理想ですね』(32歳/商社)

男性も女性も、最初から素でいいたいことをいっているわけではありません。
だからワガママも当然抑えているものです。

ただ、ワガママを抑えることで、ふだんの自分を見せられないことが嫌な男性も多いです。
本当の自分を見せたいのに、見せられない。
だから本当の自分を見せられるように、ワガママを聞いてあげましょう。

これをいってもいいんだ、と思うと、自然と隠していない本当の自分が相手に見せられるようになります。
結果的にストレスを感じないので、居心地のよさを感じるのです。

(4)浮き沈みの激しさを見せない

『いつも落ち着いていて安心します』(28歳/デザイン)

喜怒哀楽の激しい人は、浮き沈みが激しい人だと思われかねません。
浮き沈みが激しいと付き合うことに疲れてしまいます。
疲れるような関係に居心地のよさはありません。

だから感情を出しすぎてしまう人は、少し感情を抑えましょう。
気持ちが安定している人とは安心して接することができます。
不安定な自分は極力見せないようにしましょう。


男性にとっての居心地のいい女の子になる方法について説明しました。
ただ、幾ら男性が居心地よく感じるからといって、あなたの居心地が悪いと長続きしません。
お互いが居心地がよいと思えることが最も重要です。

(恋愛jp編集部)