中イキしたことがなくて悩んでいる女性もいるでしょうが、実際そのような女性は多いものです。
中イキできずセックスもマンネリ気味なら、体位を変えてみませんか?
今回は男性も女性も満足できる中イキ体位を4つご紹介します。

(1)寝バック

『彼女が初めて中イキしたのは、この体勢だったかな』(23歳/IT)

うつぶせになった女性に男性が覆いかぶさる体位の「寝バック」。
深くは挿入できませんが、Gスポットにあたりやすいという特徴があります。

また、女性は足ピンの姿勢が取れるので、中イキしやすくなりますよ。
バックだと彼に顔を見られないという安心感もあって、気持ちよさに集中できるでしょう。

(2)屈曲位

『屈曲位に似てる松葉崩しも、女の子は気持ちよさそう』(31歳/飲食)

正常位で女性の脚を男性の肩に乗せるのが「屈曲位」。
深く挿入できるためポルチオ性感帯が刺激され、中イキしやすい体位です。
屈曲位も女性は脚を伸ばした体位なので、イキやすいという特徴が。

また、女性は身動きが取れない体勢なので、興奮してしまう人もいるでしょう。
ただし体が硬い女性だと、続けるのが辛いかもしれません。
屈曲位の体勢が苦しくない人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

(3)騎乗位

『結局、騎乗位が一番イキやすいみたいだよね』(34歳/マーケティング)

横になった男性の上に女性がまたがり主導権を握る「騎乗位」。
自分から動くところを下から彼に見られていることが興奮を誘います。
騎乗位は女性が角度や深さを調節しやすいので、中イキしやすいという特徴があります。

最初は腰を動かすことが恥ずかしいかもしれませんが、慣れてくると動き方のコツがわかり中イキできるでしょう。
男性は下からピストンせず、女性の好きなように動いてもらってみて♡

(4)座位

『愛し合ってる感が強いから、彼女もこの体位が好きらしい』(30歳/証券)

向かい合って抱きしめ合う体位の「座位」。
密着度が高くキスしながらでも動けることで、女性はリラックスしやすく精神的にも肉体的にも満たされやすい体位です。

女性は自分のペースで動きやすく、腰を前後に動かすことでGスポットを刺激できます。後ろに手をつけば大きく動くことも可能。
騎乗位よりペニスが抜けにくいので、快感に集中できるというメリットがあります。

他の性感帯の愛撫もしやすいため、膣が締まり男性も快感を得やすいのが座位の特徴です。
中イキしやすく彼も満足しやすい座位で、愛情たっぷりのセックスを楽しんではいかがでしょうか。


中イキできるようになったら、セックスによる幸福感が高まります。
イッた演技をしなくていいので、セックスがもっと楽しくなるでしょう。
ご紹介した中イキしやすい体位をぜひ試してみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

感度向上プロジェクト記事をもっと読む