あなたは気になる彼とキチンとお話しできていますか?
せっかく会話をするなら、相手にも「彼女と話していると楽しいなぁ」と思われたいですよね!
そこでこの記事では、男性が一緒に居て楽しいと感じるような「女性の話し方」について、4つにまとめて解説していきたいと思います。

(1)リアクションをとってくれる

『こっちの話にリアクションをとってくれると話しやすいし、話していて楽しい!』(31歳/広報)

私たち人間は、同じ空間を共有している人がたくさんいる場合、気持ちを素直に伝えてくれる人のほうがより心地よい存在だと認識します。
とくに男性は女性に比べて、相手の感情を読み取るのが苦手だという人が多い傾向にあるんです。

楽しい話をしているときは笑い、悲しい話をしているときは一緒に落ち込んでくれる、そういったリアクションを返してくれる女性は、男性からの信頼度がアップします。
また自分を隠さない女性だということで、好感度アップも狙えるため、一石二鳥なんですよ!

(2)とにかく褒めてくれる

『やっぱり褒めてもらえるのは嬉しいですよね~』(30歳/経営)

男性はプライドの高い人が多いですよね。
とくに男性は女性の前になると、そのプライドが余計に高くなってしまうことが多々あるようです。
だからこそ男性は女性に褒められるととっても嬉しいし、「もっと褒められたい!」と感じるもの。

あなたが彼を褒めることで、彼の足は無意識に「自分を褒めてくれる人=あなた」のほうに向かいたいと思うようになります。

彼との会話の中でどう返していいかわからない時などは、とりあえず褒めておけばOKというくらい万能なので、ぜひ試してみてくださいね。

(3)話の中身や目的がしっかりしている

『オチがないというか、目的のない話をするのは疲れる……』(28歳/保育士)

女性にとっては、友人たちと内容のない話で盛り上がれるというのは普通のことかもしれません。
しかし男性は、そういった「中身のない話」をし続けるのが苦手な人が多いんです。
フワッとした内容の、着地点のない話をすること自体、苦痛だという人も多いんだとか。

男性とは議論をしろ!とまではいきませんが、ある程度話の中身や目的をしっかり提示しておけば、男性自身も話がしやすくなるかと思います。
会話のはじめに「何の話なのか?」をあらかじめ伝えるだけでも、あなたへの印象が変わるはずですよ♪

(4)ネガティブよりもポジティブ

『口を開けば陰口……人としてムリ!』(32歳/広告)

意外とやってしまいがちなのが、ネガティブな話で盛り上がろうとしてしまうことです。
人の陰口や、自身の不幸自慢といったネガティブな話は、ある程度仲がよければおもしろいかもしれませんが、多くの人はその内容に引いてしまいます。

相手がネガティブな話をしてきた場合は、それに合わせる気遣いも必要かもしれません。
しかし自分からはできるだけポジティブな話のみを発信した方が、あなたの好感度もアップすることでしょう。


一言に「話し方」と言っても、なかなか難しいと感じてしまいますよね。
この記事では、男性が一緒に居てとくに楽しいと感じるような「女性の話し方」のコツについてまとめました。
これらを参考に、彼を喜ばせるような話し方を身に着けたいですね!

(恋愛jp編集部)