男性は本能的に女性を守ろうとする遺伝子が備わっています。
「守りたい欲求」を上手に刺激すれば、恋を手に入れるだけでなく大切にしてもらえるメリットがあるでしょう。
今回は男性が思わず「守りたくなる女性」の特徴をご紹介していきます。

(1)素直で頑張り屋さん

『そばで見守ってあげたくなるな』(28歳/管理)

「守りたい女性」であるためには裏表のない性格であることが大前提。
素直な性格の女性が一生懸命頑張っているからこそ、男性の目には「健気な姿」が印象に残るのです。
そんな「健気な女性」が失敗してしまったとき、見ている男性はどう思うでしょう?

「彼女なら精一杯頑張ったに違いない」
「失敗して落ち込んでいるのなら、自分が励ましてあげたい」
こういった感情が自然と湧き上がってきて、気が付いたら「女性を支えたい」とすら感じるようになるはず。

(2)弱さが垣間見える

『頑張りすぎちゃうところとかある子は、普段からすごく気にして目に入っちゃう』(33歳/不動産)

前述したように、「守りたくなる」には適度な「失敗」がきっかけとなります。
真面目であっても、完璧に何でもこなす女性は男性も近寄りがたくなってしまうもの。
どこか「ほっとけない要素」があるから、男性が歩み寄る隙が生まれるのです。

ここでもやはりポイントなのは「頑張り屋さん」が「弱み」を見せるという状況。
何でも男性を頼る訳ではなく、自分でやりとげようとする責任感が必要です。
男性は「彼女が頑張る姿を応援したい」「守りたい」と考えるようになるでしょう。

(3)お礼が上手

『笑顔でお礼を言ってもらえたら、もちろんまた任せてほしい!』(29歳/SE)

男性が「守りたい」と思う時、多くの場合は見返りと求めていないでしょう。
決して女性にちやほやされたいから親切をしている訳ではありません。
でも、女性から丁寧に感謝されれば「次も守りたい」という原動力になることは間違いなし。

男性が守ってくれた時には自然とお礼が言えると、長期的な関係性が築けるでしょう。
「自然に言える」というのは、普段の素直さがにじみ出る対応。
押しつけがましくない、純粋な感謝には無意識に魅力を感じるものです。

(4)可愛い系

『小動物系の子はやっぱ守りたくなる』(24歳/飲食)

ここまで内面的な要素をお話ししてきましたが、ここではキャラクターやルックスにも注目してみます。
ズバリ、男性が「守りたい」と思うのは「可愛い系」の女性といえます。

「自分はサバサバした性格だから……」と思ってしまっても大丈夫。
「可愛い系」はファッションやメイク、表情から作ることが可能です。

ファッションはハッキリとしたモノトーンやビビッドカラーをさけ、優しい色合いにすること。
そしてメイクは「切れ長」や「クッキリ」よりも、「丸み」や「華やかさ」を意識しましょう。
そして、日ごろから口角を2ミリ程度あげることを意識して、優しい顔つきにすると好印象です。


いかがでしたか?
男性に守られる女性はとてもバランスがとれていることがうかがえます。
「努力」しつつもしっかりと「弱さ」も見せることができる、素直な性格がカギになるでしょう。

(恋愛jp編集部)