お付き合いして長くなるけれど、結婚の言葉が出ない……。
プレッシャーをかけるのも良くないけど、このままズルズル付き合うのは嫌ですよね。
では、どのようにしたら彼が結婚を意識するようになるのでしょうか?

そこで今回は、男に将来を意識させるセリフを、紹介していきます。

(1)「○○も結婚したね~」

『友達の結婚はなんだかリアル』(28歳/サービス)

友人が結婚すると、リアルに結婚について考えるもの。
特に年齢が近い人の結婚は、現実味を帯びてきます。
結婚式に出席した場合は、結婚話もしやすいので、このセリフをと共に結婚式の様子を話してみましょう。

この時、自分達の将来の話ではなく、行った結婚式の話をするようにします。
花嫁が綺麗だったや料理が美味しかった、エピソードなど。
「幸せそうだったな~」などと付け加えても良いかもしれませんね。

(2)「ご飯作ってあげたいけど……」

『家で1人で弁当を食べている時に、結婚したいなと感じた』(31歳/商社)

彼が仕事で遅くなり、お弁当などを食べている時に伝えたいセリフ。
LINEや電話など、「遅くなったからお弁当買ってきた」と言った時がチャンスです。
「一緒だったらご飯作ってあげるのにね」や「お弁当じゃなくてご飯作ってあげたいけど……」など彼の体を労わる言葉をかけてみましょう。

結婚に消極的な彼には、一緒に住んだらメリットがあるということを伝えるセリフです。
疲れて帰ってきて、1人でお弁当を食べるのは侘しく感じるもの。
そんな時に、温かい食事が食べられたらなと、結婚にメリットを感じるようになります。

(3)「こんな家に住みたい!」

『彼女と散歩している時にとても素敵な家を見つけて、一緒に住んだ時のことを考えるようになった』(29歳/企画)

一緒に散歩している時に自分好みの家を見つけ、「こんな家に住みたい!」と伝えてみましょう。
他にも、家具を取り扱う店やお洒落なカフェなんかでも良いです。

直接的に結婚には繋がらないけれど、将来のことをイメージするセリフです。
「こんな家具なんかも置きたいな~」など、より具体的に伝えることが大事。

家をイメージさせることで、そこで暮らすあなたのイメージが膨らむもの。
その時に、自分が一緒にいる想像をすれば、将来のことを具体的に考えるようになりますよ♡

(4)「来年の今頃は何してると思う?」

『転勤のある仕事なので、来年のことを聞かれて彼女がもしかしたら隣にいないかもと不安になった』(27歳/金融)

将来をイメージしてもらうには、未来の話をすると良いです。
将来設計をしている人なら具体的な内容が出てくるでしょうが、未来のイメージはなかなか思いつかないもの。

しかし、来年なら近い未来なので、想像しやすいですよね。
その時に、「じゃあ私は何していると思う?」と聞いてみましょう。
自分と一緒にいるあなたのことを具体的にイメージしやすくなります。

もしかして、あなたが離れているかもと不安に感じるかもしれません。
未来をイメージすることで、将来について考えるキッカケになりますよ。


あまり、自分達の結婚を意識させるとプレッシャーから逃げ出してしまうかもしれません。
結婚ではなく、未来のイメージを与えるようにしましょう。
そして、一緒にいることが楽しいと思えるイメージを与えることが大切です!

(恋愛jp編集部)