「LINEトプ画」は、メッセージのやりとりをするうえでのいわば「顔」の役割を果たします。
そのため、トプ画の選び方次第で男性からの好感度もグンと変わるでしょう。
今回は男性の好感度が上がる「LINEトプ画」をご紹介していきます。

(1)笑顔

『笑顔って見てるこっちも明るくなるし、飾らない感じが好印象だよね』(27歳/教師)

自分の顔をトプ画にすることに抵抗がある人はいませんか?
いわゆる「キメ顔」だとちょっとナルシストっぽさが出てしまいますよね。
でも、「笑顔」の写真を選べば、印象はグンと良くなるはずです。

LINEにおいて自分の顔をトプ画にすることは、親密度が高まる効果が期待できます。
さらに毎回見る顔はとても印象に刻まれやすいでしょう。
だからこそ、親しみやすい「笑顔」の画像を選ぶことが好感度アップには欠かせないのです。

(2)動物の写真

『癒されるし、好きな動物の話で会話のきっかけにもなる』(29歳/金融)

猫やウサギ、ヒヨコなどといった可愛らしい動物の写真。
誰しも癒されてしまう事でしょう。
それをトプ画に選択すれば、男性はアイコンを見るたびに癒されてしまうはずですよ。

自分の顔が恥ずかしかったり、「わざわざトプ画用に写真を撮るのは面倒くさい」という方にもオススメ。
手軽にハイクオリティな写真が探せて好印象を狙えますよ。
なるべく丸っこくてフワフワした、マスコット的なシルエットの動物がオススメです。

(3)観光地×後姿

『アクティブなイメージだし、一緒に行ったらの妄想もできる(笑)』(26歳/アパレル)

もし旅行や遠出が好きだったら、外出先の一場面をトプ画にするのもアリ。
顔は映ってなくても後姿が見えればOKです。

こうすることで、男性側から「ここどこ?」と話題を提供するきっかけにもなります。
また、こうした質問をする時の男性の脳内では、女性が観光地で楽しむ姿が再現されるのです。

観光地で見つけた面白いものを写真で撮りたくなったら、ぜひ一緒に映りましょう。
はしゃいでいる姿は「一緒に行きたいな」と思わせるかもしれませんよ。

(4)女友達との写真

『友達との楽しそうな顔はすごい可愛いと思う』(32歳/広報)

仲の良い友達とのツーショットの写真もオススメ。
友達と映る写真は「自然体」の姿を覗くことができるのが魅力です。
また、友達を大切にすることが伝わる写真だと、男性はその人間味に惹かれるもの。

トプ画になると自分の写真映りの良いものを選びたくなります。
でも、2人の写真の場合、自分だけでなく2人ともが綺麗に映った写真を選びましょう。
自分だけ可愛いものを選ぶと逆効果で悪い印象になりかねないです。


いかがでしたか?
「トプ画」が最初に印象付けるのは、初めてLINE交換した時。
男性が思わず何か言いたくなるような、話題性があって可愛いものを選びましょう。

(恋愛jp編集部)