「ぶりっ子」と聞くと皆さんはどんなイメージがありますか?
女性目線ではシビアに感じても、案外男性は「あざとさ」に夢中になってしまうことが多々あります。
気になる彼を虜にしたい時に使える「されげなぶりっ子テクニック」を4つご紹介するので、ぜひ取り入れてみてください。

(1)頼る

『可愛く頼られるのは嬉しい』(32歳/営業)

男性は誰しも女性に頼られると嬉しいもの。
上手に男性を頼ることのできるぶりっ子女子は、男性への甘え方が上手といえます。

もっともいい頼り方は、男性の得意分野に関するお願いをすることです。
たとえば「機械に強い男性にパソコンの事を聞く」「背の高い男性に物を取ってもらう」など。
彼を特別に感じさせる効果もありますよ♡

男性が答えてくれた時に「ありがとう」としっかりお礼を言いましょう。
モテるぶりっ子女子は感謝も上手です。

(2)見つめる

『見つめられるともしかして俺に気があるのかなって気になる』(28歳/経営)

好きな異性はついつい目で追ってしまうもの。
目が合ったときに、恥ずかしくてそのままそらしてしまうことはありませんか?
それってとてももったいない対応かもしれません。

男性と目があった時は、そのまま見つめてしまいましょう。
5秒くらい見つめたら「ニコッ」と笑いかけるのです。
そのちょっとした一瞬が男性の心を鷲掴みにする可能性を秘めています。

(3)オーバーリアクション

『リアクションが大きい子の方が話してて楽しい』(31歳/IT)

男性は聞き上手な女性に好意を持ちやすいといいますね。
誰しも「自分のことを分かってくれる人」を好きになるもの。
聞き手上手になる大切なポイントとして「リアクションの取り方」があります。

男性の話に対して「すごーい!」「おもしろい」「素敵」などの相槌を打つ女性を見たことはありませんか?
女性目線では「媚びている」と感じるくらいのオーバーリアクション

ところが男性目線になると、むしろそのくらいが「話していて心地よい」と感じるようなのです。

(4)ボディタッチ

『ちょっとあざとい気もするけど、やっぱりドキドキしますね』(27歳/飲食)

ぶりっ子女性の定番仕草ともいえる「ボディタッチ」。
あからさまな「ボディタッチ」はムリにガッついている印象しか与えません。
でも自然に行う「ボディタッチ」に、男性は単純に反応してしまうものです。

ではどんな流れで行うのが適切なのか?
それは「会話の流れ」で触れることです。
男性がおもしろいことを言っているときに「笑いながら肩を叩く」などのリアクションの一部なら、自然に行えますね。


いかがでしたか?
「ぶりっ子」は男性の理想を現実にしたような存在なのかもしれません。
ぜひ今回ご紹介した方法を使ってみて、気になる男性を落としてくださいね。

(恋愛jp編集部)

誰にもわたさない!男が手離したくない【理想の彼女】3箇条