男性は安っぽい女性を嫌い、清楚で高嶺の花のように魅力的な女性を好みます。
安っぽい女性は男性からたしかにアプローチされることはあっても、それは一時的な遊び目的なもの。

女性として魅力を持つためには、男性から実際には都合よく扱われがちな女性にはならないことが肝心です。
そこで今回は、男性に陰で「安い女」扱いされる女性の特徴をご紹介していきます。

(1)露出が激しい

『露出が激しすぎると軽い子なのかなって思います』(31歳/企画)

安い女扱いされる女性は、いつも露出が激しめなところがあります。
胸元を大胆に開けていたり、生足でミニスカートを履いていたり……。

そんな露出激しめファッションは、たしかに男性ウケはすると思われがちでしょう。
たしかに男性は寄ってきますが、それは実際のところヤリモクの男性ばかり。

あの女ならすぐにヤラせてくれそう、といった印象ばかりが強くなってしまうんです。
そのため露出が激しいせいで、遊び相手にはいいけれど本命はムリと思われることは多いのが実情です。

(2)経験人数が多い

『経験人数多いって遊んでるってことでしょ?貞操観念低そう』(30歳/SE)

恋愛経験が多すぎる人は、その分遊んでいる=安いと思われることが多いです。
女性にとって経験人数が多いことは何のステータスでもなく、むしろマイナスになることも。
「それだけ遊んできたってことか……」なんて悪いイメージを持たれることは多いでしょう。

表では「そんなに経験人数多いってことはモテるんだね」と言われるかもしれません。
ですが裏では「貞操観念低そう」という風に安い女認定されがちです。

(3)人によって態度を変える

『ぶりっ子とか、男に媚びてる感じの子は安っぽい印象』(28歳/金融)

あまりにもぶりっ子や思わせぶりな態度が出過ぎている女性も、安いと思われることが多いです。

狙っている男性とそうでない男性でとにかく態度が豹変する女性
もしくは男性と女性で態度がまったく違い、男性にだけはわかりやすく媚びる女性。

たしかに男性ウケはいいかもしれません。
でも実際のところは、陰では「あんなわかりやすすぎる安い女とは付き合いたくない」と思われていることも多いです。

(4)ブランド物にこだわる

『全身ブランド物で固めてる人って成金っぽくて品がない』(33歳/経営)

ブランド物ばかりをコレクションしている女性は、一見、安っぽいイメージはないように想えるかもしれません。
ですがブランド物も持ちすぎると、逆に品のない印象になったり、成金っぽくて嫌なイメージしか持たれなくなります。

そのため全身ブランド物で固めている女性は、自然と安い女扱いされてしまいがちです。
男性としてもなんとなく扱いづらそうな感じがして、近寄りたくもなくなるんです。


いかがでしたか?

女性として「安い」というイメージを持たれると、残念ながら男性からはあまり大切にされなくなります。

好きな人からも遊び目的でアプローチされたりして、ショックを受けることも多くなるかもしれません。
以上のようなポイントは、女性として持たないようにぜひ気をつけたいところですね。

(恋愛jp編集部)