体型を隠したいなら、ファッションコーデを考える際にラインを意識しましょう。
とくに大人っぽく見えて人気があるのが、逆三角形にラインがまとめられるYライン。
誰でも簡単に作れるYラインの作り方について説明します。

(1)ボリュームのあるニットでYライン

『トップスがボリュームあるニットだと、脚が細く綺麗に見えるよね』(31歳/SE)

冬に重宝されるニットをボリュームたっぷりに着こなせばYラインが作れます。
ニットを着るときはタイトなサイズを選びがちなのですが、Yラインを意識するならオーバーサイズを狙いましょう。

オーバーサイズで、かつモコモコ感にあふれたニットを狙えば最高です。

(2)スキニーパンツでYライン

『トップスが大きめでボトムスがスキニーみたいにフィットしたものだとすごくスタイルが綺麗に見える』(28歳/広報)

スキニーパンツをはきこなすことで、Yラインを作ることができます。
スキニーパンツをはくと腰から足先まですっきりと見えるので、自然とYラインが演出できるのです。

スキニーは1年中使えるアイテムなので、上着に何を着るかが重要になります。

Yラインを強調するならば上に着る服は大きめにするべきです。
大きめの服を羽織るように着ると、スキニーのスリム感と組み合わさって大人びた雰囲気に。

体型が隠せる上にかなりスリムに見えるので、オススメ。

(3)タイトなスカートでYライン

『タイトスカートは体の形が綺麗に見えていいね!大人の女性って感じで素敵です』(32歳/医師)

スカートをはくとYラインにならないのではないかと思ってしまいますが、そんなことはありません。
スカートスーツのように、タイトなタイプのスカートは幾らでもあります。

ぴったりと脚に貼りつくようなスカートをはけば、きれいなYラインになるのです。

ビジネスなどしっかりとした着こなしが求められるシーンにYラインでアクセントをつけると、大人な女性感が出ます。
子どもっぽく見られるのがマイナスに働く場面で活用したいところ。

(4)ブラックやブルーでまとめれば着痩せ効果倍増

『黒とかの暗い色はやっぱり細く見えますね。引き締まって見えてスッキリしてます』(29歳/人事)

Yラインの着痩せ効果は服の色とあわせて考えることで倍増。
赤や黄色などの暖色系の色を選ぶとふっくらと、青や黒の寒色系の色を選ぶと着痩せして見えるので、色合いを調節しましょう。

暖色系は選ばず、青や黒の服を選べば更に着痩せ効果が得られますよ。

Yラインだけでは十分に着痩せ効果を発揮できないという方は、色合いもコーデに取り入れてみましょう。


Yラインを作ることで、大人っぽく仕上げることができます。
大人な雰囲気を作り出したいと思う女性はぜひ参考にしてください。

Yラインの作り方にはさまざまな種類があるため、ひとつ試してうまくいかないなら、他のやり方を試してみましょう。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む