男性に突然冷たくされると、不安になってしまいますよね。
しかし、男性には本当は好きだけど冷たく接してしまうことがあるようです。

男性はいったいなぜ好きな女性に冷たくしてしまうのでしょうか。
そこで、本当は好きだけど男性が冷たく接してしまう理由についてまとめてみました。

(1)かっこつけたいから

『あんまりガツガツいくより、ちょっと冷たい方がモテそうだから……』(24歳/通信)

男性は好きな人の前ではかっこつけたがることがあります。
おしゃべりな男性より、硬派な男性のほうがかっこいいと思われるという狙いから、あえて無口になることも。

一見ぶっきらぼうな態度に見えても、実は好きだからこそかっこつけたいだけという場合もあります。
そのため、無口な男性の場合、本当は無理してかっこつけているだけという可能性もあるので、見極めが重要。

(2)恥ずかしいだけ

『どうしていいかわからなくて、つい冷たい態度になってしまってるかも』(26歳/IT)

男性の中には、恥ずかしさのあまり冷たい態度をとってしまう人がいます。
緊張のあまりまともな会話ができなくなってしまう男性は、それだけ本気で好意を寄せている証拠。
そんな男性は、うまく接することができないことを気にしていることもあるようです。

そのため、自分から話しかけてあげるなどの優しさで勇気を与えることが大事。
そうすることで、彼の緊張をほぐしてあげましょう。

(3)ブレーキをかけている

『好きになっちゃだめな子を好きになっちゃったことがあるんだけど、ブレーキかけるために冷たくしたよね』(30歳/商社)

男性はプライドが高く、振られることへの恐怖から、本気で好きになることが怖いと思うことがあるようです。
そんな男性の場合、自分の気持ちにブレーキをかけるために、無意識で冷たい態度をとることが。
そんな男心は、女性にはなかなか理解できません。

とはいえ、相手を否定するようなことを言うと、傷つけてしまうことも。
それを避けるためにも、冷たくしてくる男性には、優しく接してあげることが大事と言えます。

(4)周囲にひやかされたくない

『周りの目が気になるから……』(28歳/美容師)

男性は好きな女性がいることを周囲にばれるのを嫌がる傾向にあります。
ばれることで周囲にひやかされることを恐れるあまり、ついつい冷たく振舞ってしまうことも。

そんな男性の場合、二人きりになると優しくしてくるというケースが多いようです。
そのため、ただ冷たくされたからといって落ち込まず、二人きりのときの態度をチェックしてみることをオススメします。


本当は好きだけど冷たくしてしまう男性の心理は様々。
女性にとって理解できないようなことも、寛大な心で見極めることが大事なのではないでしょうか。

(恋愛jp編集部)