今回は、男性の意外な性感帯に着目!
彼をもっと気持ち良くさせてあげたい……このような悩みを抱えている女性は必見です。
たまには責め側にまわって、彼を目一杯満足させちゃいましょう。

(1)おへそ

『へそ周りを舐められて感じてしまった経験があります』(30歳/公務員)

おへそは他の部位に比べると、比較的皮膚が薄いので敏感な部位として挙げる人が多くいます。
そのため、おへそを舐められることに性的欲求を感じる男性は少なくありません。
舐めた後は優しく指で刺激してあげると、彼に更なる興奮を与えることができるのでオススメ。

(2)背中

『背中を舐められるとゾクゾクして興奮します』(25歳/飲食)

背中を触られるとゾクゾクする……このように感じるのは男女とも差はありません。
それが舌を使って舐められるともなれば、敏感な人だと即ノックアウトするのは目に見えています。
背中を舐めるのは性行為に慣れていない人でも比較的挑戦しやすいプレイなので、この機会にちょっぴりアブノーマルな世界に足を踏み入れてみては?

(3)肛門周辺

『言い出せないだけで、お尻の穴周辺が気持ちいいって男性は多いと思う』(30歳/販売)

肛門周辺は末梢神経が集中しているため、性感帯の1つとして知られています。
肛門周辺ということもあり難易度は非常に高いですが、人によっては大きな快感が伴うので挑戦してみるのも良いでしょう。
ただし、最初は「くすぐったい」という人が多いので、時間をかけて慣らしてあげるといいかも。

(4)脇腹

『自分は脇腹が性感帯みたいで、舐められると凄く気持ちいいですね』(33歳/IT)

くすぐりでお馴染みの脇腹も、実は立派な性感帯だということをご存知でしたか?
くすぐったいということはそれだけ敏感であるという証拠でもあるため、慣らしていくことで徐々に快感へと変わるケースが多いです。
ただし、くすぐったさのあまり不快感を露わにする男性も少なくないので、彼が嫌がったらすぐにやめるようにしましょう。


性感帯を見つけ出すことができれば、男性を更なる快楽へいざなうことが可能です。
今回紹介した例を参考に、さっそく彼の性感帯を見つけて濃厚な一夜を過ごしてみませんか?

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む