男友達をいつの間にか好きになってしまうことってありますよね。
優しくされたときや心配してくれたときなど、彼への友情がいつのまにか愛情に変わっていて自分でも驚いてしまうものです。

今回は男友達を好きになったときの対処法をご紹介します。
彼にもあなたのことを好きになってもらいましょう!

(1)女性として意識させる

『女友達とサシ飲みの日、急にワンピース着て来てドキッとしたことがある』(27歳/ライター)

彼のことが好きになってしまったのに、彼はあなたのことを友達としてしか見てくれていないなら、想いを伝えても驚かれてしまうでしょう。
自分に気持ちを向けてもらうには、まずあなたのことを女性として意識させなくては!

男性は、ふとしたときに女友達の女性らしさに気づいてドキッとすることがあります。
彼にあなたのことを女性として意識してもらうために、イメチェンして雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。

たとえば今までカジュアルな服が多かった人は、フェミニンな服で女性らしさをアピールするのもオススメ。

彼はだんだんあなたのことを女性として意識してくるはずですよ。

(2)お願い事をする

『接触回数が増えると自然に意識しだしちゃうよね』(25歳/自営業)

彼に何かお願いごとをしてみて。
彼がお願いを聞いてくれたらきちんとお礼を言ってくださいね。
あなたに頼みごとをされることで、彼は「男として頼りにされてるのかな」と思うように。

これを繰り返すことによって、彼はあなたのことをもっと助けてあげたいと思うのでは?
友達というより女性として見てくれるようになっていきますので、自然と付き合うようになれるかもしれませんよ。

(3)告白する

『女友達からの告白は……全然迷惑じゃない!』(23歳/福祉)

男友達を好きになってしまった場合、彼があなたのことをどう思っているのか気になりますよね。

実際、異性の友達を好きになる確率が高いのは、男性の方。
そのため彼があなたのことをどう思っているのか、様子をうかがってみましょう。

もし彼もあなたのことが気になっているようであれば、告白してみてはいかがでしょうか。
告白が怖いのは、断られた時に友情まで壊れてしまいそうだから。
断られる可能性が低そうなら、思い切って自分から言ってみるのもよいのでは?

(4)「付き合ったら楽しいだろうな」とアピール

『自分は草食系だから、きっかけを作ってくれたら付き合うことになるかも』(24歳/飲食)

もう好きってばれちゃってもいいから彼の方から「付き合おう」と言ってもらいたい。
そんなときは、「私と付き合ったら楽しいよ」「〇〇君と付き合ったら楽しいだろうな~」とアピールしてみましょう。

もし彼にその気がなくても、「冗談だよ」と言えば気まずくなることもありません。

何回も言っていると、彼も想像するようになるはず。
「付き合ったら本当に楽しいかも?」と思うようになれば、彼の方から「本当に付き合っちゃう?」と聞いてくれるかもしれませんよ。


友達という近い関係であるからこそ、恋愛関係に進展させるのが難しいこともあります。
まずは彼にあなたを女性として意識してもらいたいですね。
告白するのはそれからにしてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む