飲み会で早めに帰ってしまう女性って家が厳しくてかわいそうだと思いますか?
実は終電までには間に合うよう早めに帰る女性の方が男性にモテるんです!
ガードが固めなシンデレラガールが男性の心を掴んで離さない理由を4つご紹介します。

(1)しっかりした家庭で育ってそうだから

『メイクがぐっちゃくちゃになっても朝までいる子より、断然イイ』(33歳/出版)

実家暮らしで門限がある女性は、他の女性がまだ楽しんでいてもいつも先に帰ることに。
男性としては、まだ帰らないでいてほしいところでしょうが、しっかりした家庭で育ってそうなところに惹かれてしまうのでしょう。
遊ぶなら朝まで一緒にいられるような女性もいいでしょうが、本気で付き合うならガードが固いシンデレラガールが選ばれます。

(2)ガツガツしてないところがいいから

『ガッカリ感が、好きかもって気持ちに拍車をかけるんだよね』(29歳/宣伝)

合コンで2次会に付き合わず先に帰ってしまう女性は、ガツガツ感がありません。
「何が何でも彼氏を見つける」と気合が入っていないところが男性には好感を持たれます。

男性は積極的な女性も嫌いではありませんが、簡単に手に入りにくい女性に興味を持つのは確か。
まだこれから盛り上がりそうでも、あっさり帰ってしまう女性を魅力に感じてしまいます。

(3)「大事にしなきゃ」って思うから

『奥さんにするなら、こんな子だよ』(34歳/金融)

門限が厳しい女性は、ご両親に大切に育てられているのでしょう。
そんな女性と接するとき、男性は「自分も彼女を大事に扱わなきゃ」と思ってしまいます。

夜遊びすることなどなく、周りに流されない彼女を守ってあげたくなるもの。
何時に帰ってもかまわない女性よりも、門限がある女性の方が「真剣に付き合いたい」と思われるのです。

(4)名残惜しそうな顔にキュンとするから

『足りないくらいがちょうどいい!』(27歳/事務)

みんながまだ楽しんでるのに、一足先に帰るシンデレラガール。
名残惜しそうな顔をする彼女に男性はキュンとしてしまいます。

終電までに帰る理由は家が厳しいという理由以外にも、明日の仕事に支障をきたさないため、生活のリズムを崩さないため等色々。
きっと彼女もまだ一緒にいたいでしょうが、名残惜しそうに帰る彼女に男性は「もっと一緒にいたい」と思わずにはいられません。

最後まで残っている女性より、「もうちょっと一緒にいたかった」と思わせるシンデレラガールの方が男心をつかみます。
帰宅後に「もうちょっと〇〇君と話したかったな」などとLINEすれば完璧です。


終電までに帰るシンデレラガールは恋愛に不利なようですが、男性の印象はいいようです。
ガードが固いところが男性を「追いかけたい」という気持ちにさせるようです。
飲み会でいつも最後まで残っている人は、作戦変更してシンデレラガールになってみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

ナイトライフ記事をもっと読む