リスやハムスターなどの小動物は、ずっと見ていたくなるほどかわいいですよね。
そんな小動物のような仕草がかわいい女性たちもいますよ。

小柄な女性は小動物っぽい仕草がよく似合います。
男性がキュン死する小動物みたいな仕草を4つご紹介します。

(1)マグカップを両手で持つ

『両手でマグカップとか可愛すぎでしょ!』(31歳/販売)

リスといえば、両手でドングリを持つ姿が目に浮かびませんか?
このリスの姿を思い起こさせるのが、マグカップを両手で持つ女性です。

小さな手でマグカップをしっかり持つ仕草は、まるで小動物みたい。
男性から見ると、守ってあげたくなるような可愛さです。

両手で持つというのは力の弱さだけでなく、丁寧で女性らしさが伝わる仕草です。
マグカップだけでなく、日頃から物を持つときや受け渡しをするときは両手を使うクセをつけておきましょう。
小動物っぽさがアピールできて男性をキュンとさせられますよ。

(2)小走り

『ちょっとはぐれた時なんかに小走りする姿に萌える』(26歳/歯科医)

女性の小走りする仕草も小動物みたいで可愛いです。
小動物っぽい女性は小柄な人が多いため、男性と並んで歩く時も遅れがち。
「待ってよ~」ってちょこちょこ小走りする姿を見て萌える男性も多いでしょう。

待ち合わせ場所に小走りで駆け寄ってくる姿も男性はキュンとします。
小柄な女性ならではのかわいさですよね。

(3)上目遣い

『つぶらな瞳で見上げられたら何でもいう事聞いちゃう』(33歳/公務員)

男性を見上げる上目遣いも小動物みたいな仕草です。
背が低い女性は男性と目を合わすときに上目遣いになってしまいます。
わざとではなく自然と上目遣いになるので、男性にとってはかわいくてたまりません。

上目遣いでじっと見つめられたら、何でもお願いごとを聞いてしまうくらいかわいいでしょう。

(4)服の裾を引っ張る

『子犬っぽくてはうーってなるわ(笑)』(26歳/営業)

彼の服の裾をちょこんと引っ張る仕草も男性の萌えポイント。
手をつないでくるのではなく、服の裾をつまむところが小動物っぽくてかわいいですね。

服の裾をつかむというのは、彼との距離を縮めたいということの表れ。
しかしまだ自分から手をつなぐほど大胆になれないところが男性にとってはかわいいのです。

人混みを並んで歩くとき、はぐれないように彼の服の裾を引っ張って頑張ってついてくる姿はまるで小動物みたいです。
かわいい彼女の仕草を見ると、男性は守ってあげたくなるでしょう。


背が低い女性は高い所に手が届かず不便なこともあるでしょうが、男性から見れば小動物っぽいかわいさがあります。
上目遣いやちょこちょこ動く仕草は、男性に「守ってあげたい」という気持ちを起こさせます。
小柄な女性はそれを活かし、ご紹介したような小動物っぽい仕草で男性をキュンキュンさせてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

モテテク記事をもっと読む