量産型コーデって便利で無難ですよね。
しかし、みんな同じになってしまうので、個性がなくなってしまうことも。
今回は、“存在感ゼロ”のやりがち「春の量産型コーデ」4つについてご紹介します。

(1)春のトレンチコート

『トレンチコートってみんな一緒。色とか違うと印象に残るかな』(28歳/証券)

春と言えば、トレンチコートですよね。
一枚羽織れば、楽に春服の出来上がり!

しかし、便利なトレンチコートだからこそ、雲隠れしてしまうのです。
ベージュなど無難な色じゃなく、あなたらしい色を選ぶといいでしょう。

(2)花柄ワンピース

『可愛いワンピースだけど、コンパとかでみんな花柄だと同じ』(30歳/営業)

花柄ワンピースって、一枚で可愛く仕上がりますよね。
しかし、大勢集まるときは、かぶらないようにしないといけません。
花柄ワンピースというだけで、みんな同じに見えてしまうのです。

(3)プリーツスカート

『ふんわりしたプリーツスカートも、みんな履いているなぁって思う』(26歳/コンサル)

春になると、プリーツスカートも履きたくなるもの。
シフォンタイプのものなどもありますが、みんな履いているのも事実。
男性からすると、個性がないなって思われてしまうのです。

(4)カーディガン

『スカートにカーディガンって定番だけど、インパクトがない』(33歳/マーケティング)

女性らしく見せてくれるのが、カーディガン。
しかし、定番のカーディガンを選ぶと、印象がなくなってしまいます。
刺繍に凝ったものや綺麗な色のカーディガンを選ぶといいでしょう。


いかがでしたか。
“存在感ゼロ”のやりがち「春の量産型コーデ」は、みんながしているコーデ。
かぶらないためにも、あなたに合う色やデザインを選ぶのがおすすめです。

(恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む